【カナダで幼稚園から日英仏トリリンガル教育】秘訣を公開!

 

カエデ
こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです。

我が家の子ども2人(すでに成人)は日加ダブルで日英仏語の3か国語すべてで高度に話し、読み、書くことができます。日本からカナダのトロントに移住した時子ども達は乳幼児でした。そして、日本語は日本語保育園と補習校で、英語とフランス語はカナダの英仏語バイリンガルプログラムのフレンチイマージョンシステムを利用して習得するというトリリンガル教育を20年近く続けました。海外で日本語を保持伸長させることは大変に難しく、また、両親どちらの母国語でないフランス語も使えるレベルに押し上げるには色々な教育機関を利用しました。

では、どのような教育方法を取ったのでしょうか?ご説明しましょう。

日本語ナーサリー(保育園)

私はカナダでも働くつもりでいたので、カナダ移住後子ども達を保育園に預けることは必須でした。でも英語の保育園に預けると日本語が消えると分かっていたので、カナダへの移住前から、そしてカナダでの職探し以前にまず日本語保育園を探し始めました。

2000年前後はインターネット上の情報も十分でなかったので、トロントの日本語新聞を航空便で取り寄せて日本語保育園を探しました。そして、当時開園したばかりの池端ナーサリーを見つけ、園長先生と航空便で文通をし、トロント移住後はその保育園に子ども達を預けようと考えました。

カナダ移住後はトントンと半年後に私の仕事も見つかり、娘はその時はもうすぐ3歳ですぐに池端ナーサリーに入園し、息子は1歳前だったので半年間英語のナニーに預けた後(ナーサリーは1歳半から入園可能)姉と同じナーサリーに預けることができました。池端ナーサリーは日本の保育園そのもので、そこで約5年間子ども達を預かってもらい日本語の基礎が身に着きました。

補習校

子ども達はトロント補習校に小学部1年から入りました。その後12年間高等部卒業まで、毎週土曜日年間40日間子ども達は補習校に通い続けました。トロント補習校は駐在、永住を問わず入学できますが、当時は補習校に子どもを入れる国際結婚家庭は少なく、カナダ人のお父さんをあまり見かけることはありませんでした。今では送迎をするカナダ人のお父さんがロピーにたくさんいます。

カエデ
ダブルのお子さん本当に増えました。

補習校に国際結婚家庭が増えた理由は、トロント補習校が幼稚部を拡大したことと、子どもに日本語力を着けたいと考える国際結婚家庭が増えたからのようです。しかしながら、国際結婚、日本人永住家庭を問わず、海外で日本語力を子どもに着けさせることは難しく、小学部の途中でも補習校を辞めていく家庭がたくさんありました。また、駐在家庭でさえも、海外駐在の長期化で子ども達の日本語力は下がっていくようです。

私の子ども達はどうにか高等部卒業まで日本語教育を続けることができましたが、これは教育熱心な夫が私を励まし続けてくれたからです。

フレンチイマージョン(現地校)

フレンチイマージョンというのは、カナダがフランス系カナダ人を繋ぎ止め国家分裂を避けるために、英語圏の子どももフランス語を話せるようにするという目的のために取り入れられた英仏語バイリンガル教育です。イマージョン方式というのは、フランス語を学科として学習するのではなく、フランス語を使って算数や理科などの教科を勉強する方法で、無理なくフランス語を使えるようにできると考えられています。

カエデ
イマージョン方式はカナダ発祥です

私の子ども達は幼稚園からこの方式でフランス語を使い、高校までフレンチイマージョン校に通いました。完璧な年相応のネイティブレベルとはいきませんが、外国語としてはかなりフランス語を使え、ネイティブと問題なく会話ができ、フランス語の映画や読書を楽しめます。娘は大学でフランス語の勉強を続けています。

サマーキャンプと日本での体験入学

カナダには10週間という長い夏休みがあります。その間子ども達だけを家に残すと罰せられるので、どこかに預けないといけませんでした。

小学校低学年までは池端ナーサリーが小学生対象に開催していた日本語サマーキャンプに入れ、中学年からはフランス語圏モントリオールのフランス語でアクティビティをするサマーキャンプに入れたりしました。トロントでもフランス語サマーキャンプと銘打ったものに入れてみたりもしましたが、英語で話してもいいので子ども達はフランス語なんて話しませんでした。一方、モントリオールのサマーキャンプではフランス語ネイティブの子ども達としっかりフランス語で会話しました。

カエデ
子どもは必要に迫られないと外国語を話しません。

また、日本の学校が夏休みに入る前の数週間、日本の小中学校に子ども達を体験入学をさせて日本の学校を経験させました。子ども達は日本の学校の給食や掃除、小動物の世話が大好きでした。

このようにして日本語とフランス語を現地で使わせるようにして言葉の強化を図りました。

アフタースクール(学童保育)

共働きの夫婦は学校帰りの子どもをどこかに預けないといけません。現地校は、小2の娘は午後3時に終わり、幼稚園の息子は12時に終わりました。私は日本語ナーサリーの、午後3時からのアフタースクールに娘を、午後部の保育に息子を入れたかったので、ドライバーを雇って送迎してもらいました。(幼稚園は当時、午前と午後に分かれていました。)と言うのは、8歳以前は日本語がまだ定着していないので、できるだけ日本語の環境に子ども達を置きたかったからです。

カエデ
このお迎え探しが本当に大変でした。遠い目。。。

しかし、送迎で色々難しいことが起こり、1年後にはアフタースクールをフランス語のものに替えました。でも、ここではあまりフランス語を使えず最高の場所ではありませんでしたが、他に選択の余地がありませんでした。

まとめ:8歳までとにかく日本語保持

共働き家庭の海外でのトリリンガル教育は、子どもが小さい間は子育てを誰かに頼らないとならず、その上子ども達の日本語環を確保する必要がありとても大変でした。特に日本語が定着する前に英語に押しのけられないためには、8歳までにどうにか日本語の読み書きまでできるようにする必要があります。

幸い私達はトロント都市部に住んでいたので、日本語保育園や補習校があり、その上フレンチイマージョンの公立学校があったため、かなり高度なトリリンガル教育が成功しました。

そのような教育機関がない海外の地方都市ですと、学校に代る方法を探さないといけなくなります。今はインターネットやスカイプなどの文明の利器があるので、それらをおおいに活用すると良いと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

クリックお願いします!