国際結婚バイリンガル子育て【外国人のパパは本当にイクメン?】

 

カエデ
こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです。

海外永住者では日本人妻と外国人夫の国際結婚カップルが、日本人同士のカップルより圧倒的に多いのが特徴です。そして、国際結婚カップルに子どもが生まれバイリンガル子育てを始めた場合、外国人パパは育児には協力してくれても、本当にバイリンガル教育に関してもイクメンなんでしょうか?意外と外国人パパは子どものバイリンガル教育に無関心だったりします。日本人ママ本人も、自分に日本語教育の全責任があるように思う人が多いようです。私は外国人パパにも同様に責任があると思うのですが、そのように思う人は少ない気がします。

では、なぜ多くの外国人パパはバイリンガル教育に無関心なのでしょうか。ご説明しましょう。

広告

日本人妻と結婚したけれど日本には興味がない

国際結婚のパターンとして、ワーキングホリデーや留学で日本人女性が海外に出て、そこで外国人男性と知り合って現地で結婚となるものが多いようです。2017年の日本人海外長期滞在者は男性46万人、女性41万人で男性の方が多いのですが、海外永住となると、女性30万人、男性19万人で、女性の方が圧倒的に多くなることがこのパターンの多さを物語っています。(外務省資料より)

カエデ
日本とカナダのワーキングホリデーはなんと30年以上も前に開始。

しかし海外で結婚した場合、外国人夫が一度も日本に住んだことがなく、日本人妻とは結婚しても日本に対してそれほど興味のない外国人夫はたくさんいます。その場合、率先して子どもに日本語教育をしたいと希望する夫が少ないのも頷けます。なので日本人妻が子どもの日本語教育に1人で奮闘することになります。

バイリンガル教育、最初はやる気があったけれど

最初は2か国語ができることは良いことだと、夫も賛成して始めたのに、その大変さにだんだんと嫌気がさしてくるのかもしれません。妻のために子どもの日本語学校への送り迎えはしてくれますが、他にも色々と犠牲にしなければいけないことが出てくるため、最初のやる気がどこまで続くかはわかりません。

また、男性の特徴と言ってしまっていいのかわかりませんが、男性は子どもの教育に関しては妻に合わせる人が多く、妻の教育方針に反対さえしなければ自分は理解があると思っているのかもしれませんね。

なので、子どもの日本語教育は妻の意見に合わせているけれど、日本や日本語に興味がないので、どちらかというと無関心。反対はしないけれど積極的に協力もしないという態度の夫が多いようです。

カエデ
しんどいことは誰でも嫌だもんね

また、目の前で理解できない日本語を話されることを嫌う夫もいます。極端な例ですが、夫婦仲が良くないとわざと妻の子どもへの日本語教育の邪魔をする夫もいますよ。

日本語学校に子どもを取られるのが不満

幼児の間は親子間での日本語会話や日本語絵本の読み聞かせ程度でよかったものが、幼稚園や小学校に上がると同時に本格的な日本語教育がスタートします。

そうなると土曜日に子どもを日本語学校に取られ、宿題をするために家族の時間が減り、旅行に行けなくなったり、やらせたかったスポーツもできなくなり、夫にも不満が出てきます。

特にスポーツや習い事の試合や発表会は土曜日に多く、友達のお誕生会やプレイデイト(お遊びの約束)も土曜日に集中し、それらが日本語学校とかち合うことが増えていきます。そうなると、それらを諦めさせて子どもに日本語教育を続けることに対して日本人ママにも疑問が出てきます。

カエデ
我が家も色々なイベントを諦めました。

日本語教育はいろいろな我慢を家族に強いるので、夫にも当事者意識がないとこの我慢にだんだん耐えられなくなっていきます。

日本人妻があえて夫の文化を優先

日本人女性の特徴として夫側の文化を立てる傾向があるように思います。

子どもの教育に関しても、何が何でも日本語と日本文化も子どもに身に着けさせるというよりは、まず自分の住んでいる国の言葉や文化を優先させます。住んでいる国の文化が子どもの母文化となるので当然のことなのですが、日本語や日本文化の継承についてはとても控えめな印象があります。

まず、日本食をほとんど作らない日本人妻はたくさんいます。国人夫が日本食を食べないからです。天ぷらやトンカツは食べても食材が馴染みのない家庭料理の和食を食べない外国人夫は多いので、そのうち日本人妻は和食を作らなくなります。すると子どもも和食を食べなくなります。

カエデ
私は和食を食べられないと辛いわ。

また、ハロウィーンやクリスマスは祝っても、お正月やひな祭り、七夕やお月見などの日本の行事を家でする家庭はあまりありません。

食べる人がいないのでお節料理を作る家庭も海外ではとても少ないのです。これではなかなか子どもに日本文化を継承しにくくなりますね。

妻本人もその国が好きで、海外までやってきてその国の男性と知り合ったのですから、現地の文化や言葉で暮らすことに不満はありません。(住んでみて想像と違った!と思う人もたくさんいるでしょうが。)ほかのエスニック(民族)グループに比べても、日本人女性は子どもが日本語を捨てて現地語だけになることに特別危機感を持たない人が多いように見えます。海外にいるのだから「仕方がない」と思うようです。

そして日本人妻が専業主婦の場合、日本語教育に家計を回すことに引け目を感じたり、または夫からクレームが出て高額な日本語教育ははなから諦めてしまう場合もあるでしょう。

ワンオペバイリンガル子育てはしんどい

1言語だけの生活でも子どもを育てることは大変です。そこに第2言語、それも習得に時間のかかる日本語学習をワンオペ(母親1人で頑張ること)でやるといずれ息切れしてしまうかも知れません。(日本語習得に時間がかかることは、「海外赴任の幼児連れは言葉に気をつけて!」の’バイリンガル子育てに言語形成期を取り入れよう’をお読みください。)

また、パパが日本語教育に興味がないと、子どももそれを察して日本語学習に熱が入りません。子どもにとっては、住んでいる国の言葉や文化で十分生活が成り立っているのに、なんで遠い日本の言葉が必要なのか理解できないのでしょう。

海外では日本語の社会的地位が大変低いのです。(日本での英語の社会的地位のほうがずっと高いです。)そこで、パパも協力して日本語や日本文化の「価値の吊り上げ」(ハマーズ)をしないと、なかなか子どもが日本語に食いついてきてくれません。

カエデ
この日本語の価値の釣り上げが本当に難しい!

ワンオペバイリンガル教育では、子どもの年齢が上がって日本語学習が高度になっていくほど無理がきかなくなっていきます。また、日本人ママも時には弱音を吐きたくなるので、そんな時に日本語学習を励ましてくれる夫の存在は非常に大きな役割を占めます。

まとめ:パパにも当事者意識を持ってもらおう!

私のカナダ人夫は学生時代から日本に興味があり、日本にワーキングホリデーに来た時に私と出会い結婚し、7年間日本に住みました。

夫が日本に住んだ経験は、カナダに移住した後の子ども達の日本語教育においてたいへん助けになりました。夫が当事者意識を持って子どもの日本語教育に協力してくれ、時には私を励ましてくれたからです。

日本食も納豆以外は何でも食べますし、自分でも作ります。(私より上手です。)夫の協力がなければ、トリリンガルどころかバイリンガル教育も成功していなかったかもしれません。

外国人夫が協力的か無関心かで、バイリンガル教育の成功率は違ってきます。海外で自分の子どもをバイリンガルにしたければ、夫が当事者意識を持ってくれるかどうか、ちゃんと話し合っておいたほうが良いでしょう。

カエデ
バイリンガル教育は夫婦の協力が大事。

そして、難しいことは承知で書きますが、できればまだ子どものいない身の軽い内に、夫婦で日本にしばらく住んでみて、夫に日本人や日本語、日本の文化を理解してもらい日本に愛着を持ってもらえたら、その後の子どもの日本語教育に大きなプラスとなるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ポチっとよろしく☟

育児・バイリンガルランキング

あわせて読みたい

  カエデ こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです。 海外在住者や国際結婚の当事者でも、バイリンガル教育について結構思い込みや誤解が多いことを知っていますか?思い込みや誤解はバ[…]

 

広告

クリックお願いします!