【国際結婚家庭の子どもの言語】第3国在住ならどうする!?

国際結婚バイリンガル子育て家庭が第3国に住む場合、子どもの言葉はどうしたらよいのでしょうか?

第3国とは第3世界という意味ではなく、父や母どちらの国でもない3つ目の国という意味です。

国際結婚と聞くと思い浮かぶのが、夫または妻の国に定住して、子どもを父母両方の言葉でバイリンガルに育てることでしょう。

ところが、グローバル化の進んだ現在は、夫でも妻の国でもない第3国で子育てする国際結婚家族が増えています。

バイリンガル子育てをするだけでも大変なのに、夫や妻どちらの母国でもない国に住む場合、子どもの言葉はどうしたらよいのでしょうか。

カナダでバイリンガル教育を独学で勉強しながら、子ども2人を話し読み書ける高度トリリンガルに育てたカエデが説明します。

 

この記事のおすすめ読者

1.国際結婚家庭

2.海外在住家庭

3.海外ルーツの子どもの教育関係者

 

広告

【国際結婚家庭の子どもの言語】幼児の場合

国際結婚家庭が、日本でもない、結婚相手の国でもない第3国に住む場合は子どもの言葉や教育はどうしたらよいのでしょうか。

そして、日本語を含むバイリンガルやマルチリンガル教育はどうしたらよいのでしょうか。

この基本を知っておかないと子どもの芯になるべき言葉や文化がぐらつき、ひいては後の学習に影響を及ぼします。

 

まず、移住した先の国の言葉が、父母どちらの国の言葉でない場合でも、乳幼児期の育児の言葉は親の言語にします。

母語」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

母語とは、子どもが初めて習う言葉という意味ですが、即ち親の言葉、親がそれを使って育児をする言葉という意味です。国際結婚家庭の場合、父と母の2言語が子どもの母語となります。

母語で育児をして、しっかり言葉の基礎を作ることが大事です。将来バイリンガル・マルチリンガル教育をするしないに関わらず、後の学校学習をも左右します。

1人の親がそれぞれ1つずつ、自分の母国語で子どもに話しかけることを「1人1言語の原則」と呼びます。それが、国際結婚家庭での子どもの言語教育の基本となります。

子どもに話しかける時、絵本の読み聞かせをする時、家の中でも外でも「1人1言語」で統一します。

ただ、夫婦間の会話言語はどちらの言葉でもよいと思います。どちらの母国語でもない英語を使う国際結婚夫婦も多いようです。

そして、現地の言葉は後に子どもの母国語(第1言語)になる大事な言語です。こちらも歌のかけ流しやオーディオブック、図書館でのプレイタイムや地元の子どもと遊ばせるなどして、学校に上がるまでに十分触れさせて、学校に上がってから子どもにショックが起きないようにしておきます。

カエデ
親の母国語での「1人1言語」が基本です。

 

【国際結婚家庭の子どもの言語】学校言語をどうする

子どもが触れる複数言語のうち、どの言葉を子どもの学習言語(学校言語)、則ち子どもが最も使いやすい第1言語にするかは、慎重に決める必要があります。

言葉の習得は、9歳を過ぎるとネイティブ話者にはなりにくく、外国語となるので、早い段階で決めないといけません。

海外で暮らす子どもの第1言語は、学齢期を境に母語から現地語に取って代わるのが一般的です。

 

9~10歳頃までに母語または第一言語がしっかり身に着いていないと、子どもが深く思考できて最も使いやすい言葉を持たないダブルリミテッド状態になる可能性があります。そうなると学習にも影響があります。

カエデ
現地の言葉は9~10歳頃までに習得しないと外国語です。

 

移住先の社会の言語が英語でない場合、そして、父母のどちらの母国語も英語でない場合でも、英語は大事だからと英語のインターナショナルスクールに入れる家庭が多いようです。

しかし、注意が必要です。なぜならば、英語は親の言葉でも、現地社会の主要な言葉でもないので、どの程度まで完璧に身に着くかはわからないからです。

子どもの学校言語の決定は、各家庭の考え方や、その国に永住するのか、また他の国に移動するのかによっても変わってくるので、たいへん難しい問題です

もし、その地に永住するつもりであるならば、そして子どもがまだ幼く、現地の言葉を第1言語として身に着けることができるならば、現地校へ通わせて現地語を第1言語とし、親の国の言葉と文化はルーツとして育てるてるほうが自然のように思います

そして、英語は外国語として身につけさせるとよいでしょう。

しかし、海外を転々と移動する家族の場合はどうしたらよ良いのでしょうか?

子どもの学習言語を頻繁に変えるのは、先に述べたダブルリミテッドになる可能性が高くなります

その場合は、日本人学校、またはもう一方の親の言葉のインターナショナルスクール、それが無理なら英語のインターナショナルスクールと、学校言語は一貫して1つに絞るほうが良いでしょう。

 

【国際結婚家庭の子どもの言語】言語と文化の関係とは

言葉と文化は深く結びついています。

現地の言葉を子どもに教えなかった場合、子どもが成長期の大部分を過ごす国の文化を深く知ることができなくなります。

私は、子どもが成長期(0歳~18歳)の大半をその国に暮らすのであれば、その国の言葉と文化を第1言語と母文化にするのが良いと考えます。

言葉と同様に、文化を自分の母文化とするにも年齢が関係します。

やはり9歳を過ぎると外国文化を自分のものとして受け入れにくくなるので、9~10歳ころまでには母文化を獲得することは必要です。

海外移住する親御さんは、自分の母国の言葉や文化が子どもの母国語であり母文化になると考えがちですが、それはちょっと違います。

親の言葉や文化は、子どもの「継承語」であり「ルーツ」ですが、子どもの母国語(第1言語)や母文化とはなりません。子どもの母国であり中心となる母文化とするのは、やはり子どもが成長する国ではないかと私は考えます。

外国に住んでいても、エスニックコミュニティが大きい中華系やインド系、伝統を重んじるイスラムやユダヤ系ならば、言葉や文化を守ることは、日本語や日本文化より成功する可能性は高いかもしれません。

しかし、私がカナダで見てきた多様な移民の子どもたちも、やはりどんどん現地化します。彼らは、私の子どもたちも含め、モノリンガル・モノカルチャーなカナダ人とも違い、親の文化とカナダ文化、親の言葉と現地の言葉を融合させたり使い分けながら育ちます。

カエデ
親の文化は子どものルーツであって、子どもの母文化ではありません。

 

親の国と違う国に住む子どものことをサードカルチャーキッズ(TCK)と呼びます。

国をまたいで移動する子どもたちは、親とも現地の人たちとも違う第3の文化を創造するそうです。

TCKは生まれたり幼い時から住んでいる国なのに、自分が属さない感覚を持ちます。よく言われる「アイデンティティクライシス」です。特に外見が現地の人と違っている場合は、その属さない感覚が強いようです。

また、自分たちが暮らすライフスタイルが現地の一般人とは違う場合、例えば、軍の基地内や外国人ばかりの居留地などで育つ場合も、成長後にその国の文化に属さない感覚を持ちます。

移動が多い親の海外駐在や宣教等で成長期の大半を外国で過ごすが、いずれ母国に帰るTCKの場合も、移住とはまた性質が違ってきます。

TCKについてはこちらの本がよく読まれています。

 

【国際結婚家庭の子どもの言語】日本語教育をどうする

さて、このような国際結婚家庭の第3国での日本語教育はどうすればよいのでしょうか。

多分に、そのような家庭の子どもの言語の優先順位は、現地語、世界標準後である英語、そして日本語は、その次。もし、移住先の使用言語で日本語以上に優先順位の高い言葉があれば、日本語の位置はもっと下がるでしょう。

これは本当に親御さんの考え方次第となります。

海外に移住した永住者の子どもに日本語教育をする教育機関としては、現地日本企業の商工会議所などが運営し、日本政府から校長が派遣されたり資金援助を受けたりしている補習校や、地元日系住民が小規模に運営する日本語学校などがあります。

私の子どもたちはカナダで、現地校に通いながら土曜日の補習校で勉強することで、英語と日本語、そしてカナダのフランス語教育によって日英仏語のトリリンガルとなりました。

このように、現地校と日本語学校、特に補習校を併用すると高度にバイリンガルとなる可能性は高くなります。

しかし、マイナー且つ習得が難しい日本語を、子どもに海外で身に着けさせるのはとてもたいへんで、親子の相当な努力が必要になります。

<私がカナダで子どもたちをトリリンガルに育てた方法はこちらをどうぞ! ☟>

あわせて読みたい

我が家の子ども2人(すでに成人)は日加ダブルで日英仏語の3か国語すべてで高度に話し、読み、書くことができます。日本からカナダのトロントに移住した時子ども達は乳幼児でした。 そして、日本語は日本語保育園と補習校で、英語とフランス語はカナ[…]

 

海外永住でも、子どものルーツである日本語や日本文化を我が子が身に付けてくれたら、とても喜ばしいことだと思います。

しかし、もし日本語が身に着かなくても、現地の言葉や文化を自分のものとして何不自由なく幸せに暮らしてくれることが、親が最も望むことではないでしょうか

もし色々手を出して、どの言葉や文化も中途半端になるよりは、じっくり1つの言葉と文化を子どもに身に着けさせてあげる方が良いと思います。

カエデ
日本語も身に着いたらラッキーと考えます。

 

最後に

言葉のおさらいをしてみましょう。

母語:子どもが生まれて最初に覚える言葉。親の母国語。

母国語:生まれた国の言葉

第1言語:学習して強化され、抽象的思考もできる最も使いやすい言葉。母語ではない場合がある。

母文化:自分の芯となるエスニックグループの文化

 

バイリンガル教育理論の基礎についてはこの本を1冊読めばだいたい理解できます。

ポチっとよろしく☟
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ 

【その他の読み物】
あわせて読みたい

日本企業の海外活動に伴って、子供を連れて海外赴任する家族は依然多いですね。赴任命令が出てから十分な準備期間もないまま新天地に出発する家族も多いと思います。現地での子供の教育についてしっかりリサーチをする時間もないのではないでしょうか。 […]

あわせて読みたい

海外でバイリンガルやマルチリンガル教育を続けていると、子どもが成長するにつれ山をいくつも超えていくことになります。 特に日本語はヨーロッパ系言語と文法や表記法もまったく違い、漢字の存在が最大のネック。また、世界中に散らばっている中国系[…]

あわせて読みたい

海外在住者や国際結婚の当事者でも、バイリンガル教育について結構思い込みや誤解が多いことを知っていますか?思い込みや誤解はバイリンガル教育を間違い成功率を下げます。 2人の子どもを日英仏語の高度トリリガルに育てたカエデが、よく聞く8つの[…]

広告

クリックお願いします!