国際結婚で第3国に永住するなら子供の言葉をどうする?

こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです!

国際結婚家庭が第3国に永住する場合の子供の言葉をどうしたらよいのか。第3国とは第3世界という意味ではなく父や母のどちらの国でもない3つ目の国という意味です。国際結婚家庭が日本でもない、結婚相手の国でもない第3国に住むことはよくあります。その場合は子供の言葉や教育はどうしたらよいのでしょうか。この基本を知っておかないと子供の芯になるべき言葉や文化がぐらつき、ひいては後の学習に影響を及ぼします。そして、日本語を含むバイリンガルやマルチリンガル教育はどうしたらよいのでしょうか。

子供2人を高度トライリンガルに育てたカエデがご説明します。

広告

国際結婚の子供の乳幼児期の言語【第3国永住なら】

移住した先の国が国際結婚家庭の子供の父や母のどちらの国でもない場合でも、乳幼児期の育児の言葉は親の言語にします。子供の母語とは、子供が初めて習う言葉という意味ですが、即ち親の言葉、親がそれを使って育児をする言葉という意味です。早く現地語を習得させたいと乳幼児期から親が自分の得意でない現地語を使って育児をすることは、子供の言語発達にとってよくありません。母語をしっかり確立させ言葉の基礎を作ることが、将来バイリンガル・マルチリンガル教育をするしないに関わらず、後の学習を左右します。

国際結婚家庭の場合、父と母の2言語が子供の母語となります。1人の親がそれぞれ1つずつ自分の母国語で子供に話しかけることを「1人1言語の原則」と呼び、国際結婚家庭の子供の言語教育の基本となります。子供に話しかける時、絵本の読み聞かせをする時、家の中でも外でも「1人1言語」で統一します。ただ、夫婦間の会話言語はどちらの言葉でもよいですし、どちらの母国語でもない英語を使う夫婦も多いようです。

そして、現地の言葉は後に子供の母国語になる大事な言語なので、こちらも歌のかけ流しやオーディオブック、図書館でのプレイタイムや地元の子供と遊ばせるなどして十分触れさせておきます。また、0~6歳の間はどんな言葉の音でも聞き分けられ覚えることができるので、この間に将来子供に習わせたい言語でのかけ流しをするのも良いでしょう。

カエデ
親の母国語での1人1言語が基本です。

国際結婚の子供の学習言語【第3国永住なら】

子供が触れる複数言語のうち、どの言葉を子供の学習言語(学校言語)、すなわち子供が最も使いやすい第1言語にするかは慎重に決める必要があります。言葉は8歳を過ぎるとネイティブ話者にはならないので早い段階で決めておかないといけません。海外に住む場合、乳幼児期は親の言葉(母語)で育児をして言葉の基礎を作りながら現地の言葉にも十分触れさせておき、学校に上がると現地語を学習言語として子供が最も使いやすい第1言語として強化します。海外で暮らす子供の第1言語が、学齢期を境に母語から現地語に取って代わるのが一般的です。言葉は8歳までに母語または第1言語としてしっかり身に着いていないと、子供が最も使いやすい言葉を持たないダブルリミテッド状態になる可能性があります。

カエデ
現地の言葉は8歳までに習得しないと外国語です。

 

永住先の言語が英語でない場合、子供のためと思い英語のインターナショナルスクールに入れる家庭が多いようですが、注意が必要です。なぜならば、英語は親の言葉でも、社会の主要な言葉でもないので、どの程度まで完璧に身に着くかはわからないからです。

また、住む国がヨーロッパかアジア、その他の国であるかによっても、学校言語を決める基準が違ってくるでしょう。ヨーロッパ言語はやはり英語に近く、学校で英語を習うだけで多くの人は英語も話せるようになるようです。私も英語を話せるようになってからフランス語を習いましたが、習得のスピードがまったく違います。ですので、ヨーロッパの、現地語が言語的に英語に近い国の場合は、英語を心配せずに現地の学校に通わせるのがよいと思います。

もし永住先が英語圏やヨーロッパ圏でない国の場合も、もし特別な事情がなければ、子供は現地校へ通わせて現地語を第1言語とし、その国の文化を芯となる文化、親の国の文化はルーツとして育てるほうが良いと思っています。そして、いくら英語はグローバル人間として必要だとしても、外国語として身につけさせた方が良いように思います。

国際結婚の子供の言語と文化の関係【第3国永住なら】

言葉と文化は深く結びついているので、現地の言葉を子供に教えなかった場合、子供が成長期の大部分を過ごす国の文化を深く知ることができなくなります。ましてや自分の国なのに生活に困るでしょう。海外に永住する親御さんは、自分の母国の言葉や文化が子供の母国語であり母文化と考えがちですが、それはちょっと違います。親の言葉や文化は子供のルーツですが子供の母国語(第1言語)や母文化とはなりません。

私は、子供が成長期(0歳~18歳)の大半をその国に暮らすのであれば、先に述べたように、その国の言葉と文化を子供の第1言語と母文化にするのが良いと考えます。言葉と同様に文化を自分の母文化とするにも年齢が関係します。やはり思春期に入る9歳を過ぎると外国文化を自分の文化として受け入れられなくなるので、8歳ころまでには母文化を獲得することは必要です。

外国に住んでもエスニックコミュニティが大きい中華系やインド系、伝統を重んじるイスラムやユダヤ系ならば、言葉や文化を守ることは、移民が少なくコミュニティが小さい日本語や日本文化より成功する可能性は高いかもしれません。しかし、私がカナダで観てきた多様な移民の子供達もやはりどんどん現地化します。彼らは、私の子供達も含め、モノリンガル・モノカルチャーなカナダ人とも違い、親の文化とカナダ文化、親の言葉と現地の言葉を融合させたり使い分けながら育ちます。

カエデ
日本人コミュニティは海外ではとても小さいのです。

親の国と違う国に住む子供のことをサードカルチャーキッズ(TCK)と呼びます。こちらの「サード」は第3国ではなく第3の文化という意味です。国をまたいで移動する子供達は、親とも現地の人達とも違う第3の文化を創造するというのです。TCKは、自分の外見が住む国の人達と違う場合、生まれたり幼い時から住んでいる国なのに自分が属さない感覚を持つことがあります。よくいうアイデンティティクライシスです。また、自分達が暮らすライフスタイルが現地の一般人とは違う場合、例えば、軍の基地内や外国人ばかりの居留地などで育つ場合も、成長後にその国の文化に属さない感覚を持つ可能性があります。移動が多い親の海外駐在に伴って成長期の大半を外国で過ごすが、いずれ母国に帰るTCKの場合は、永住とはまた性質が違ってきます。

TCKについてはこちらの本がよく読まれています。私も別の記事で書こうと思います。

 

国際結婚の子供の第3国での日本語教育

さて、このような国際結婚家庭の第3国での日本語教育ですが、私が思うに、多分子供の言語の優先順位は、現地語、英語、そして次は日本語かもう一方の親の言葉、ましてや永住国の使用言語で日本語以上に優先順位の高い言葉があれば、日本語の位置はもっと下がるでしょう。これは本当に親御さん達の考え方次第となります。

海外永住者の子供に日本語教育をする教育機関としては、現地日本企業の商工会議所などが運営し、日本政府から校長が派遣されたり資金援助を受けたりしている補習校や、地元日系住民が小規模に運営する日本語学校などがあります。私の子供達はカナダで、現地校に通いながら土曜日の補習校で勉強することで、英語と日本語、そしてカナダのフランス語教育によって日英仏語のトライリンガルとなりました。このように、現地校と日本語の学校、特に補習校を併用すると高度にバイリンガルとなる可能性は高くなります。しかし、マイナー且つ習得が難しい日本語を子供に海外で身に着けさせるのはとてもたいへんで、親子の相当な努力が必要になります。

私がカナダで子供達をトリリンガルに育てた方法はこちらをどうぞ!

あわせて読みたい

  カエデ こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです。 我が家の子ども2人(すでに成人)は日加ダブルで日英仏語の3か国語すべてで高度に話し、読み、書くことができます。日本からカナダのトロ[…]

海外永住でも子供のルーツである日本語や日本文化を我が子が身に付けてくれたらとても喜ばしいことだと思います。しかし、もし身に着けられなくても、現地の言葉や文化を自分のものとして何不自由なく幸せに暮らしてくれることが、親が最も望むことではないでしょうか。

カエデ
日本語も身に着いたらラッキー!

最後に

ややこしいと思うので言葉のおさらいをしてみましょう。

母語:子供が生まれて最初に覚える言葉。親の母国語。

母国語:生まれた国の言葉

第1言語:学習して強化され抽象的思考もできる最も使いやすい言葉。母語ではない場合がある。

母文化:自分の芯となるエスニックグループの文化

バイリンガル教育理論の基礎についてはこの本を1冊読めばだいたい理解できます。

ポチっとよろしく☟

育児・バイリンガルランキング
あわせて読みたい

  カエデ こんにちは!マルチリンガル子育てブロガー、ワーマン・カエデです。 日本企業の海外活動に伴って、子供を連れて海外赴任する家族は依然多いですね。赴任命令が出てから十分な準備期間もないまま新天地に出発す[…]

あわせて読みたい

  カエデ こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです! 海外でバイリンガルやマルチリンガル教育を続けていると、子どもが成長するにつれ山をいくつも超えていくことになります。 特に日本[…]

あわせて読みたい

  カエデ こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです。 海外在住者や国際結婚の当事者でも、バイリンガル教育について結構思い込みや誤解が多いことを知っていますか?思い込みや誤解はバ[…]

広告

クリックお願いします!