海外バイリンガル子育て年代別注意点【必読です】

 

カエデ
こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです!

海外でバイリンガルやマルチリンガル教育を続けていると、子どもが成長するにつれ山をいくつも超えていくことになります。

特に日本語はヨーロッパ系言語と文法や表記法もまったく違い、漢字の存在が最大のネック。また、世界中に散らばっている中国系やインド系移民の人達と比べ海外の日本人コミュニティは大変小さいため日本語を使う人が少く、せっかく日本語を勉強しても使う場所がないので子ども達のモチベーションが上がりません。

私はカナダでバイリンガル教育理論を勉強しながら子ども2人をトリリンガルに育てました。(子ども達はすでに成人。カナダは希望すれば英仏語のバイリンガル教育をする公立学校に入れることが可能です。(別記事「カナダで幼稚園から日英仏トリリンガル教育】秘訣を公開!」を参照)なので、今海外でバイリンガルやマルチリンガル教育をしているママやパパ達が今後ぶつかるであろう問題の予想がだいたいつきます。

では、年代別にどんなところに注意したらよいのか、ママやパパが戸惑う前にお教えします!

海外バイリンガル教育には山がいくつも待っている

なるべくママやパパを怖がらせないようにとは思うのですが、これ本当なんです!海外バイリンガル教育には本当に次から次へと試練がやってきます。でも、どんな問題が起こるのか予想できているのとそうでないのとでは、心の準備が違ってくると思いますよ。では進めましょう!

親子の絆を結ぶ乳幼児時代

この年代は親がしっかり自分の母語で語りかけ親子の絆を強めましょう。親やまわりの大人がそれぞれ自信をもって自分の母語で子どもに語りかけることを「1人1言語の法則」と呼びます。

また、読み聞かせは0歳から始めます。赤ちゃんは親の声をじっと聴いて話す準備をしています。パトリシア・クール博士は0歳児の赤ちゃんへの語りかけはCDやDVDでなく親の生の声でないと言葉を育てる効果がないと言っています。(追記:語りかけとかけ流しは別物と考えてください。0歳児の赤ちゃんへの語りかけは人間の生の声でないと効果は少ないですが、CDのかけ流しは効果はあります。特に歌のCDで子どもは自然に歌詞を覚えます。)

Name
じっくりと可愛い年代を楽しんでくださいね。

日本語の基礎をしっかり幼稚園時代

3歳くらいになると保育園や幼稚園に通わせると思いますが、できれば日本語で保育をしてくれるところをお勧めします。というのは、まわりは現地語の海に囲まれているのでそれくらいしないと太刀打ちできないのです。現地語が遅れるんじゃないかという心配は後で現地の幼稚園や小学校に通い始めたら吹っ飛びますよ。心配しなくても現地語は子ども達の第1言語になります。

でも、幼稚園時代で海外に出た場合いきなり現地の保育園や幼稚園に放り込むのは厳禁です。子どもは言葉をすぐに覚えるは迷信です!下手をすると子どもが壊れます。(別記事「幼稚園児幼児連れの海外赴任は言葉に気をつけて!」を参照)。もしそれまで現地語に触れる機会が全くなかったのであれば、現地図書館の幼児教室などに顔を出して現地語に慣らし、最低限自分の欲求や感情を表現できるようにしてからにしましょう。

バイリンガルにしたければ、この幼稚園時代に日本語の基礎がしっかりすることで後の日本語教育の難易度が変わります。また、まだ小さいからと安心せず、この年代で日本語が使えるようにしておかないと補習校の小学部に入れたいと希望しても入学が難しくなるかもしれません。

特に共働き家庭は要注意です。我が家も共働きで、娘が3歳、息子が1歳で私が仕事復帰。朝早くから夕方まで長時間保育園に預けることになるので親に代わって日本語で保育をしてくれる場所が必要だったので日本語保育園に入れました。

そのころ我が家の子ども達の言語環境は、保育園では日本語、家庭ではカナダ人の父親とは英語、私とは日本語、そして家の外では英語という、たいへんバランスの取れた日英語バイリンガル環境でした。このころは姉弟同士では100%日本語で話し日本語でごっこ遊びをしていたんですよ!

カエデ
でもこの年代の日本語力は、バイリンガルと呼ぶにはまだ早い大変か弱いものなのです。

現地校入学時は日本語後退の危機

現地校の幼稚園や小学校へ入学した途端第一の山場が来ます。現地語の接触量が一気に増え、日本語が追いやられて後退または下手をすれば消失の危機を迎えます。我が家の子ども達と同じころに日本語保育園を卒園した子ども達にも、次々と日本語の後退や消失がありました。

それをいかに食い止めるかが最大の問題。とにかく日本語の接触量を増やしましょう。放課後や土曜日の日本語学校へ入れ読み書きを教えないと日本語保持は難しくなるでしょう。

共働きである私達夫婦の最大の挑戦がここでした。そして試行錯誤の上、現地校幼稚園までお迎えに行き、子ども達を日本語保育園の午後の部に送り届けてくれるドライバーを雇いました。またこのドライバー選びが難問でした。

その結果かろうじて娘は8歳、息子は6歳まで日本語保育(娘は学童保育)を続けることができました。

バイリンガルの9歳はとても大事な年齢

9歳までは言葉そのものの土台を作る言語形成期の前半です。子どもは9歳までに母語が確立し、また自分にとって居心地の良い母文化も確立します。この年齢以降に新しく接する言葉や文化には違和感を感じることになります。我が家の子ども達は日英語2つの母語を持ち、日加2つのバイカルチャーで育ちました。

この年齢までに最低1つでも子どもが一番使いやすい言葉が確立していないとその後の言葉そのものの発達に影響が出るでしょう。そして母語での言葉の基礎力がないと第2言語の習得は難しくなります。使いやすい言葉のない状態を「リダブルリミテッド」と呼びます。

最低この年齢まで日本語教育を続けて読み書きの基礎ができるとその後の日本語の保持が初めて可能になります。読み書きの基礎がないと言葉は安定しません。

また、一般にいう9歳の壁はバイリンガル教育にも当てはまります。小学校低学年までは補習校などで順調に日本語教育が進んでいても、4年生からは学習内容が飛躍的に高度になり着いていくのがどんどん難しくなります。日本語教科書にたくさん漢語(または2字熟語)が出てくるのも4年生からです。息子が4年生の時は本当に悩みました。

日本の同学年の子ども達や日本から来て日の浅い駐在家庭の子ども達と日本語に差が出てくるのが9歳以降。海外定住の子どもの日本語の遅れは仕方のないことなので、この事実を受け止め最低限子どもが日本語学校を楽しめる日本語力を保持しましょう。

カエデ
9歳の壁は漢字の壁

会話力と教科学習言語力は違う

よく勘違いされるのが、言葉が苦労なく話せると学習も問題ないと思われることです。家族内で使う日本語会話と社会や理科の教科学習言語は別物です。

家族と会話ができても日本語での教科学習経験がないと、家庭の外の出来事や事象、ニュースについて日本語で会話ができません。また、自分の日本語が幼いと感じ家族以外の日本人の大人と話したがらなくなるので余計日本語が伸びなくなります。

カエデ
家族以外の日本人と日本語で会話したがりません。

私は子どもが小さい時からできるだけ日本人の集まりに連れて行き、大人の会話に子どもも入るように促していました。そうすると日本人コミュニティの中に知り合いができて自分からも話しかけていけるようになりました。

また、両親とも日本人の海外定住家庭の場合、現地生まれで成績が良くても9歳を境に現地語が伸び悩み成績が下がる場合があります。家庭内に現地語のネイティブスピーカーがいないことの影響が勉強の難しくなる9歳以降に現れるからです。それでも、母語である日本語がしっかりしてさえいれば、現地語での読書量を増やしたり家庭教師をつけたりして現地語の教科学習言語力を上げることができます。

娘は日本人永住家庭のカナダ生まれの子ども(中学生)の英語のチューターをしましたが、すぐにその子の英語作文力は上がりました。早めに対策さえ立てれば心配ありません。

継続が難しい中学校時代

海外で日本語教育を続ける上で最大の山場は中学時代です。

まず、現地校、日本語学校共に勉強内容が難しくなります。子ども達が通ったトロント補習校は中学部は国数社理の4教科あり、毎日宿題に追われる日々でした。我が家は宿題に優先順位をつけてどうにか対応していました。

また、スポーツや音楽等の習い事が本格化するのも中学時代で、試合や練習、発表会で土曜日の日本語学校を休みがちになる子どもが多くなります。

そして、なんといっても子どもの反抗期があります。小学校までは親の言うことを聞いていても、中学生にもなると使う人の少ない日本語を土曜日を潰してまで勉強することに疑問を持ち、反発したり理論で親を説得しようとします。

カエデ
この頃更年期と重なってこっちもイライラがマックス!

しかし我が家の子ども達は2人とも補習校を辞めたいと言ったことはありませんでした。特に勉強が嫌いな息子も私の迫力に圧倒されて補習校を辞めたいとは言い出せなかったようです。でも、陰では学校の先生やクラスメートに文句を言っていたようです。

9歳から15歳を、語彙力や作文力が着く言語形成期後半と呼びます。日本なら中学を卒業したら新聞を読めますが、海外ではここで日本語教育を止めないことをお勧めします。海外ではまだまだ日本語力が弱いからです。でもここを踏ん張ると後が楽になりますよ。

高校でやっと楽になる!

現地校での英仏2か国語教育と補習校での日本語教育を勉強嫌いの息子にさせるのは本当に大変でした。でも、高校に上がると楽になっていきます。なぜなら。。。

①成長して日本語の大事さに気づき宿題を自分からするようになる

②思考力が大人に近くなり自分の意見を持ち作文力が上がる

③高校でやっと敬語が使えるようになる

④頑張って自分に日本語力を着けてくれた親に感謝する

どの言語でも作文力が低かった息子の書く力が着きだしたのも高校からでした。せっかく頑張ったのなら高校まで続けないと損です。ただ、海外では高等部まである補習校が60校(文部科学省調べ)と少ないのがネックです。私は高校からの日本語力の伸びは大きいと確信しているので、文部科学省が増やす努力をしてくれたら良いのにと思います。

カエデ
高校から日本語が格段に伸びます!

そして日本での留学や就業経験でやっと完成

海外での日本語教育は前進と後退の繰り返しです。そして、海外ではどんなに頑張っても日本語力は日本在住の子どもに比べ平均して5年以上は遅れるので、少なくとも20歳、できれば20代前半までは日本語教育を続けた方が良いでしょう。

そして、日本の大学に留学したり仕事をして初めて日本語教育が完成します。息子は高校卒業後日本の病院で半年間ボランティアをしました。日本語ができることで色々なことを医師や看護師の方々から教えてもらったそうです。また、彼の将来の目標を決める上でもたいへん有意義な経験となりました。



まとめ:「続ける」というよりは「止めない」

海外でのバイリンガル教育はバトルの連続です。環境とのバトル。制度とのバトル。教育費とのバトル。子どもとのバトルなどなど。

でも、大変な中でも子どもと日本語で会話でき彼らに日本の文化を継承できることの喜びは代えがたいものがあります。

私は、続けるというよりは止めない気持ちで持続することをお勧めします。細くても止めなかったらどこかに通じていきますよ。

 

カエデ
最後まで読んでいただきありがとうございました!

参考:

クリックお願いします!