海外赴任の幼児連れは言葉に気をつけて!

 

カエデ
こんにちは!マルチリンガル子育てのワーマン・カエデです。

日本企業の海外活動に伴って、子どもを連れて海外赴任する家族は依然多いですね。赴任命令が出てから十分な準備期間もないまま新天地に出発する家族も多いと思います。現地での子どもの教育についてしっかりリサーチをする時間もないのではないでしょうか。

でも、特に幼児連れの海外赴任や転居時には、言語の面で十分気をつけてほしいことがあります!

子どもが国境を超える時、ことばの発達に関して最も気をつけなければいけない年齢は2歳から8歳です。この年齢は、母語(最初に覚えたことばで最も使いやすいことば)の基礎の形成途中で、その子の一生を左右する言語形成にとってとても大事な時期なのです。

カエデ
では、なぜこの年齢の子どもの海外転居に気をつけなければいけないか、ご説明しましょう。

言葉が通じないと誰も遊んでくれない

子連れの海外赴任家族は、2歳くらいまでなら自宅で保育すると思いますが、3~4歳くらいだと現地の保育園や幼稚園に入れようと思うご家庭も多いのではないでしょうか。

現地語が英語であれば、日英語のバイリンガルにするチャンス!と思われるかもしれません。でも、気をつけてください!いきなり現地語の学校へ入れると、幼児や児童の言語や社会性の形成にとって重大な問題が起きるかもしれません。

カエデ
幼児期は母文化や社会性も身に着ける年代。

幼児の遊びに言葉はいらないと思っていませんか?実は彼らもちゃんと言葉を使って遊んでいます。

現地語の基礎のない幼児を海外に連れていき、いきなり現地の保育園や幼稚園に入れても、言葉が通じないので誰も遊びに誘ってくれません。いっしょに遊んでも楽しくないからです。なので、その子は遊び相手もなく1人遊びをするか、教室の隅で大人しくしているかもしれません。

保育園や幼稚園の先生も、園児が大人しくして問題を起こさなければそれほど気にかけてくれないかもしれません。現地の言葉がわらかなくても自分から遊びに誘える子どもは、よほど活発で外交的な子どもでしょう。

子どもにとって遊べないという状況は大変苦しく、すべての言葉の基礎となる大事な母語や母文化が育たず、社会性を身に着けるチャンスも失っていることになります。

外国語漬けにすると子どもが壊れる

外国語の基礎のない子どもをいきなり外国語の幼稚園や学校に入れる状態のことを「サブマージョン」といいます。「サブマージ」とは「沈む」という意味で、外国語の海の中で泳ぎ方も知らずに沈みながらもがいている状態です。サブマージョンの状態で外国語の海を泳げるようになる幼い子どもは20%くらいだそうです。

母語の基礎ができていない幼児は未知の環境に放り込まれた自分の状況を理解できず、やっと覚えかけた日本語をもぎ取られ、他者とのコミュニケーションの方法もわかりません。

そして、ひどくすると、日本語でもない現地語でもない言葉を発しながら、虚ろな目で教室内をさまよう「ボウフラ現象」を起こすかもしれません。子どもが壊れていくのです。

このような状況が続くと母語が発達せず、8歳までに完成すべき母語習得のチャンスを逃し、いちばん理解できて使い心地が良いはずの言葉を持たなくなります。これはたいへん怖いことだと思います。抽象的な概念を深く理解できる母語を一生涯持たないということは、母文化や社会性の形成、学習にマイナスの影響があるからです。

カエデ
急激に言葉が違う環境は幼児には危険!

幼児を海外に連れていく人は早津 邑子さんの「異文化に暮らす子どもたち」を読むことをお勧めします。幼児を、理解できない言葉の環境に放り込むことの弊害について書かれています。私はこの本を読んで、異言語、異文化社会に突然入れられてパニックになっている幼児達の恐怖を思うと涙が出そうでした。

バイリンガル子育てに言語形成期を取り入れよう!

子どもは生まれてから大人になるまで、いろいろな段階を踏んで言葉を習得します。また言葉と共に自分の芯となる母文化も身に着けます。

0歳から8歳までは言語形成期前半で、子どもにとっても最も大事な母語の文法の基礎ができます。まず、0歳から1歳までは周りの会話をじっと聞いている年齢ですね。言葉が出始めると家族と会話し、3歳ぐらいから遊び仲間と言葉を使って遊び、4~5歳で幼稚園や学校に上がりだんだんと言葉を使ってのコミュニケーション力が着いていきます。そして8歳までには読み書きの初歩も学んで母語の基礎がしっかりしてこそ第2、第3の言語を習得できます

9歳から12歳までは言語形成期後半で、語彙や表現が増え、作文力が着いていきます。しかし、日本語には漢字や熟語、話し言葉とは違う書き言葉があり習得に時間がかかるので、日本語の言語形成期終了は15歳ごろです。しかし、これは日本で育つ子どもの場合です。海外で複数言語を話す子どもの日本語習得はたいへん時間がかかるので、少なくとも20歳までを視野に入れたほうがよいでしょう。

海外移住や駐在で子どもを外国に連れて出る場合、バイリンガルにするのに最も適してるのは母語の基礎ができた8~9歳頃です。また、書く力が着いた年齢の方が外国語の習得は速くなります。しかし、これも海外で母語である日本語での学習や精神面でのサポートがあった上でです。

言葉の習得には長い時間が必要です。ですので外国へ行ったからといって、いくら子どもでもすぐに話せるようにはなりません。現地語が無理なく話せるようになるには2年かかります。学齢期だと学習言語が身に着き同年齢の子ども達に勉強が追いつくのに5年から7年かかります。そんなにかかるのは、目標とする周りの学習レベルがどんどん上に動いていくからです。また幼くして海外に出る場合は母語の基礎が育っていないので学習が追いつくのに10年もかかります。

カエデ
言語形成期を理解することがバイリンガル教育の成功につながります。

海外では母語の確立が最優先

我が家の子ども達は日英仏3か国語を話します。まずカナダで日本語保育園、その後は英仏語で学ぶフレンチイマージョンというカナダのバイリンガルプログラムのある現地校と、週末の日本語補習校との組み合わせで3か国語を習得しました。

子ども達の母語は日本語と英語両方です。カナダで周りの英語環境に負けないように日本語保育園に入れたので、保育園では毎日日本語で話していました。家に帰れば父親とは英語、私とは日本語で話し、1歩外に出れば英語という環境でした。とてもバランスが取れていたと思います。この時に日本語と英語の基礎ができました。母語は1つだけとは限らず、国際結婚家庭では接触量が十分あれば複数の母語を持てます。

海外に出る場合、最も大事なことは最低1つの完璧な母語を最優先で身に着けさせることです。日本にいれば子どもは自然と日本語が母語になりますが、海外に出る場合は、日本語を母語とさせたければ、日本語の幼稚園や保育園に入れるなどして日本語の基礎をしっかり身に着けさせます。それと並行して現地語に徐々に慣らしていくと良いと思います。いきなり救命胴衣もなく外国語の海に放り込むことは禁物です。

カエデ
日本語を母語としたければ幼児期は大事。

母語(日本語)の基礎が8歳までに完成し読み書きまでできていれば、海外に出ても母語の文法や言葉の概念、作文力を新しい言語の習得に応用できます。これを認知力の「転移」と呼びます。そして、第2言語を話せる子どもは第3、第4の言語も速く習得できます。

海外で子どもは日本語をすぐに忘れる

8歳以前の、まだ日本語の基礎が完成していない幼児児童が海外に出る場合、現地語にも慣れだんだん話すのが楽になると一気に現地語が優勢になり強い言葉の入れ替わりが起こります。そして下手をすると日本語そのものが消失していきます。これは両親とも日本人の子どもにも起こり得ることです。それほど子どもにとって現地語の威力はすさまじいのです。

私の子ども達と日本語保育園で一緒だった国際結婚家庭や日系家庭の子ども達は、卒園して現地の幼稚園や小学校に上がり日本語の接触量が減るとあっという間に日本語が弱くなりました。保育園時代は毎日日本語で話していたのに、まったく日本語が出なくなった子どももいます。

カエデ
日本語に触れなくなったらあっと言う間です!

8歳まで十分に日本語を保持するとその後はどうにか日本語が残りますが、それでも使わなければどんどん忘れていきます。また、補習校や日本語学校に入れなければ年齢相応の日本語は使えなくなります。

子どもは言葉を覚えるのも速いですが、忘れるものとても速いことを忘れないでください。

まとめ

言語形成期前半途中の幼児が海を渡る時に、1)いきなり現地語だけの環境に長時間入れない 2)母語(日本語)の基礎を8歳までに固める、のこの2点はとても大事なことだとお分かりいただけたでしょうか?深く思考できる言葉を大人になっても持てないということは、学習にもつまづき大変辛い一生を過ごさないといけなくなります。

幼児期の言語形成がその子どもの将来を左右します。海外に幼児を連れていく場合、母語である日本語が育つように十分接触量を維持し、それと並行して現地語に慣れさせていくという方法が最も良いでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

参考:

 

クリックお願いします!