レアジョブ英会話は初心者に優しい|日本人1000万人が英語を話せるようにするのが社長の夢らしい

レアジョブ英会話は「初心者が英語を話せるようにする」という目的で作られた低料金(6,380円/月)オンライン英会話スクール。初心者が学習を続けやすい仕組みになっています。

 

オンライン英会話の代名詞とも言える「レアジョブ」は、59%の人が初心者からスタートしていて、色々な面で初心者に優しいスクールです。

なぜかというと、社長さんが力強いミッションを持っているからなんです。

 

帰国子女でもなく1から英語を学習して、日本で有名外資系、カナダで大手企業で働いてきたカエデが、なぜレアジョブが初心者向きなのか説明しますね。

 

レアジョブ、またはオンライン英会話を検討している人は参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること☟

  • レアジョブが初心者向きである理由
  • 日本人に必要な英語学習時間とは
  • レアジョブの基本情報
  • レアジョブの無料体験について

 

 

レアジョブのミッションは「初心者を話せるようにする」

社長の中村 岳さんのインタビュー動画です。東京大学出身の若くて楽しい社長さんですよ。

中村さんの開成中学高校時代の友人、加藤智久さんと2007年にレアジョブを共同創業しました。今では東証一部上場企業となっています。

レアジョブという会社名は、日本人が英語を話せてレアな仕事(ジョブ)に就けるように、またフィリピン人講師が英語を教えられるレアな能力を生かして仕事(ジョブ)に就けるように、という2つの意味があるそうです。(2021年個人投資家向け 会社説明会資料より)

 

英語力の高い明るいフィリピン人講師は日本人学習者と相性が良く、教材も初心者向きが多数あります。

日本人カウンセラーや日本人講師も常駐しており、安心して学習できる体制になっています。

 

レアジョブのミッション

日本のオンライン英会話スクールで唯一株式上場をしているレアジョブ。どのようなミッションを掲げてスクールを運営しているのでしょうか。

日本人を英語が話せるようにする

社長の中村 岳さんは東京大学工学部卒業後、NTTドコモを経て2007年にレアジョブを創業。当時、これからはモバイルでサービスを提供する時代になると考えたんですね。

彼のミッションは「日本人1,000万人が英語を話せる社会にして国力を高める」だそうです。

そのためには「生徒を必ず英語を話せるようにする」ことを基本理念にしました。仕事で英語を使えるようになるのが目標です。

そのため、入会したことを後悔させない「継続させる仕組みづくり」を模索しました。途中で止めないことが英語学習の近道です。生徒さんの中には3~5年も続く学習者もいるそうです。

 

リーディングとライティングは他で

ただ、レアジョブは「英会話ができなかった人をできるようにする」ことを目標としているため、リーディングとライティングにはそれほど力を入れていないようです

リーディングは人気教材の「Weekly News Article」や「Daily News Article」を自分で読み進めることができますし、音声付きでリスニングの練習にもなります。もちろんレッスンにも使えます。

 

しかし、ライティングはなかなか自習というわけにはいかず、英語上級者に添削してもらう必要があります。カエデもカナダ人夫に、以前取っていたあるコースのレポートを添削してもらうことでライティング力が上がりました。

英語を書けると自然と会話力も上がります。アプリで手軽にライティング力を上げるならこのようなサービスがあります☟


 

カエデ

レアジョブは話せるようにすることを第一の目標にしています。

 

日本人が必要な英語学習時間とは

中村社長は動画の中で、日本人(大人)が話せるようになるために必要な英語学習時間は2,000時間と言っています。(正確には残り2,000時間です。)

これは徳島大学の坂田浩先生、文教大学の福田スティーブ先生が言っていることと同じです。(日本人の英語学習時間について

 

坂田先生たちの論文には、日本人が英語を話せるようになるには4,000~5,500時間の総英語学習時間が必要だが、在学中に2,000時間ほど勉強しているので、仕事に使えるくらいになるには残り2,000時間くらいが必要だと書いてあります。

これは1から英語を勉強して話せるようになったカエデも納得の数字です

そのためには、1日2時間学習で(たいへんですが)、2,000 ÷(2時間x365日) =2.8年かかります。これは会話をしている時間だけでなく、リスニングやシャドーイング、リーディング等の自主学習も含まれます。そして、集中度によっても違ってきますよ。

 

カエデ
必要な英語学習時間は残り2,000時間。

 

レアジョブ基本情報

女性とペン

 

レアジョブの社長さんやミッションを理解したところで、レアジョブがなぜ唯一の上場オンライン英会話スクールになれたのか、まずは基本情報を見てみましょう。

 

カエデ
レアジョブの強みが分かるかな?

基本情報

初めての人が知りたいと思われる一般情報をまとめてみました。

 

項目レアジョブ基本情報
レッスン形式マンツーマン
レベル初心者~中級者向け
月額料金(税込)とレッスン単価(1回25分、1か月は30日として)月8回(4,620円/@578円)。日常英会話毎日1回プラン(6,380円/@213円)。ビジネス英会話コース(10,780円/毎日@359円)。中学・高校生コース(10,780円/毎日@359円)。
レッスン時間 1回25分(1日の受講回数はプランによる)。
入会金(税込)なし
レッスンチケット(単価)(税込)1枚660円、6枚3,300円(@550円)、13枚6,600円(@508円)
あんしんパッケージ月額税込1,078円(月8回プランと法人は対象外)。
子供向け小学生以下はリップルキッズパーク。
講師フィリピン人講師6,000人と日本人講師
プロフィール動画音声のみ。講師評価は★のみでコメントなし。
講師自宅 or センター自宅/センター
レッスン後のフィードバックあり。レッスンレポート。
教材5,000以上。オリジナル教材多数。基礎英会話、ビジネス英会話、文法、発音他。IELTSやTOEFLの教材はない(ただし対応できる教師は検索窓で探せる)。中学・高校生コースで英検2級までの2次対策あり(大人もOK)。日本語表示可。
予約5分前まで。レッスンが終わってから次の予約。それ以上はレッスンチケットで。
レッスン可能時間日本時間朝6時から深夜1時まで。(クリスマス・年末年始休講あり。)
システムPCはブラウザ(Chrome)、スマホ / タブレットはレアジョブアプリ。「レッスンルーム」採用。「チャットお助け機能」あり。
レッスン録画機能なし。
サポート無料体験レッスンの後に無料カウンセリング15分(登録後14日以内に)。「あんしんパッケージ」オプションあり。「カリキュラム」のおススメに沿って教材を選べる。
PROGOS スピーキングテスト日常英会話コース会員は毎月1回、ビジネスコース/中学高校生コース会員は毎月2回。
キャンセル30分前まで。
遅刻・欠席予約講師の欠席はレッスンチケット付与。
体験レッスン無料体験2回。1回目は主にフィリピン人講師とのレベルチェックとフリートーク。2回目は日本人講師もOK。無料体験を受けずに入会した場合はいつでも利用可能。ビジネス英会話の体験不可。
キャンペーン登録後7日以内入会で初月50%OFF(月8回コース以外)。ただし3か月継続が条件。
休会・退会休会可能。レッスンは有効期限まで利用可能。
家族共有・兄弟割引なし。「ご家族・ご友人紹介プログラム」1000円キャッシュバックあり。
体験後自動更新なし。
海外からの受講アクセス制限されていなければOK。日本時間で表示。

 

初心者は、まずは「日常英会話コース」で旅行で使えたり、自分の趣味や仕事について英語で説明ができるようにするところから始めるのがよいでしょう。その後、「ビジネス英会話コース」で仕事に使える英語を目指すことができます。

 

ビジネス英会話に興味があるなら、カエデのこの記事を読んでね ☞ レアジョブはやっぱりビジネス英会話に強い!?

 

あんしんパッケージとは

あんしんパッケージ」オプション(月額+1,078円)に加入すると、3か月に1回日本人カウンセラーのカウンセリング(初心者~中級者向け)を受けられ、学習の進捗度や今後の学習方針について相談ができます。

英語学習は孤独なマラソンですが、伴走してくれる人がいると心強いですね。

また、「自動予約」が可能になり、予約忘れを予防し、半ば強制的にレッスンを続けることができます。希望曜日や時間帯でAIが選んで講師を予約しておいてくれます。便利ですね。

カエデ
半ば強制的にレッスンを受けるのも良いかも!

 

 

レアジョブが初心者向きの理由

クエスチョン

 

さすがに日本のスクールはいたせりつくせり。かゆいところに手が届く受講システム。

カエデは、レアジョブは初心者・初級者に向いているスクールだと思います。その理由は以下で説明しますね。

 

初心者が安心できるスクール

レアジョブはオンライン英会話スクール乱立状態だった競争を勝ち残った老舗スクール。だからノウハウが蓄積されています。

初心者が安心して英会話学習を始められるのが、老舗の強みですね。

 

初心者も安心できるスクールとは:

  • 上場企業:オンライン英会話で唯一上場企業ということは信頼されている証です。
  • 講師の質:英語力の高いフィリピン人のうちでも採用率は1%。日本人講師も2021年から在籍。
  • 講師の人数:6,000人もいるので講師が見つからないということはありません。
  • 法人が採用:個人 90万人以上、 企業 3,200社以上、 学校 300校以上が採用。
  • 低料金:気負わず始められる料金設定。
  • 教材が豊富:5,000以上もあります。長年の経験で築き上げたオリジナル教材。
  • 長年培ったメソッド:学習者を話せるように促すメソッドが詰まっています。
  • 毎日受講:1週間に1度数時間学習するよりも、毎日30分の学習のほうが効果は上です(経験者カエデ談)。
  • カウンセラーが常駐:体験レッスン後のカウンセリングは無料。「あんしんパッケージ」オプションでカウンセラーが伴走して学習を続けられます。

 

カエデ
上場企業はさすがにしっかりしてる!

 

初心者に優しいサポート

レアジョブは59%の人が初心者レベルから始めています。だから、初心者でも迷わず英語学習を続けられるサポートが充実しています。

レベルチェックとカウンセリング

まずは無料体験で自分のレベルを確認。そして日本人カウンセラーとの面談で目標を決めます。その目標に到達するための教材選びや勉強方法、おススメ講師などをアドバイスしてくれます。親身に相談に乗ってくれるカウンセラーの評判も良いようです。

初心者向きの講師

初心者は初期の英会話レッスンの相手はネイティブでなくても大丈夫です。むしろ、ネイティブ相手だとコスパが悪くなります。(詳しくはカエデの記事へ 初心者はCambly(キャンブリー)のネイティブ講師だとコスパが悪い?

その点、レアジョブのフィリピン人講師なら格安ですし、彼らの国は英語が公用語で子供の時から学校で勉強しています。しかも、レアジョブは英語力の高い講師しか採用しません(採用率は1%)。また、初心者~初級学習者向けにトレーニングされたと証明するバッジが付いた講師が多いです。

明るいフィリピン人講師は日本人生徒との相性が良いです。彼らも英語学習者でした。外国語を学習する人の気持ちを理解します。

日本人講師

これまでのフィリピン人講師主体に加え、2021年から日本人講師によるレッスンの提供を始めました。

やはり日本語で説明してもらうほうが理解しやすいのも確か。カエデも英語学習の最初の頃は日本人講師でした。(大人の場合は幼児の英語学習とは違い、母語を介する方が外国語学習の効率が良くなる場合があります。

フィリピン人講師で会話レッスンをしながら、時折日本人講師に日本語で文法や日頃の疑問をじっくり訊いてみるという使い方が良いでしょう。

 

ただ、日本人講師は毎回レッスンチケット3枚が必要です。

 

初心者向きの教材:

教材が細かくレベル分けされて初心者向けも豊富です。「スターター」、「実用英会話」、「文法」等。教材は日本語表示もできます。

カエデが注目しているのは発音教材「ベーシックサウンド」。音声と共に発音記号を覚えられます。初心者~初級者の間に発音記号を覚えておくととっても役に立ちますよ!

 

カエデ
発音記号はとても大事!

 

話せないけれど受験勉強をしたので読むほうができる人は、「Weekly News Article(読みやすい)」や「Daily News Article(少し難しい)」を読み進めると良いでしょう。語彙や表現の幅が広がります。

使いやすいシステム:

SKYPEを使わない独自開発の「レッスンルーム」が、1つの画面に機能が集約されていてとても使いやすいです。スマホもレッスンルームがアプリになっています。レッスン中に言葉に詰まっても、「チャットのお助け機能」があります。

スピーキングテスト:

AIによって判定するスピーキングテストPROGOSが無料で受けられます日常英会話コース会員は毎月1回、ビジネスコース/中学高校生コース会員は毎月2回まで無料で受験できます。自分の英会話力の伸び方が毎月分かるとモチベーション維持になりますよ。

 

ネイティブスピーカーがPROGOSを受けたら意外な結果が!?詳しくはカエデの記事へ ☞ ネイティブがPROGOSを受けたらどうなった?

 

カリキュラム

カリキュラム」を使うと、レベル別にどの教材を使い何を学習したら良いのかガイドラインがわかります。

 

レアジョブの評判

体験者からの評判も、レアジョブは丁寧に教えてくれるので、まだ英語で話すことに慣れていない初心者向きという口コミが多いようです。最初で気まずい思いをすると続かないのが英会話なので、初心者を温かく迎えてくれるスクールは大事。

 

 

無料体験レッスン

 

レアジョブの無料体験は2回。

1回目:フィリピン人講師によるレベルチェックとフリートーク。それが済むと日本人カウンセラーとの面談を受けられます。せっかくなのでカウンセラーと現在のレベルや強みと弱いところ、英語学習の進め方について相談しましょう。

2回目:本番のように講師のプロフィールやフィルタリングで自分で選べます。日本人講師でもOK。ただ、残念ながらビジネス英会話は受講できません。(ビジネス英会話は、フィリピン人講師の中でもトップ10%の選りすぐりだそうです。)

 

カエデ
自分の英語力が客観的にわかります。

 

初心者は最初は「フィリピン人講師+時々日本人講師」で英語力と会話力をある程度着け、その後「ビジネス英会話コース」または、他校のネイティブ講師に移行していくと良いでしょう。

 

2回の体験レッスンが無料ですよ~!今現在の英語力をチェックでき、アドバイスも貰えて無料です!英語学習の相談にも乗ってくれて勧誘はありません。

\ レアジョブ公式サイト☟ /

登録後7日以内入会で初月50%OFF(月8回プラン除く)

 

まとめ:レアジョブが上場企業となり老舗スクールになったのは、社長の「日本を英語を話せる社会にする」という強い信念があるからなんですね。そのための初心者に優しいコンテンツやサポートに力を入れました。納得です!