【LinkedInプロフィールの書き方はこれ!】インパクトのある自己プロデュースを発信しよう

海外や国内外資系への転職に必要なLinkedInプロフィールの書き方を紹介します!

 

世界200か国で7億人近いユーザーがいるLinkedIn(リンクトイン)はビジネスに特化したネットワーキングの為のSNSです。国内で外資系企業や海外での転職を考えているなら、LinkedInに登録することは必須。

採用企業ももちろんリクルーター(採用者)として登録しており、能力ある人材を絶えず探していて、ヘッドハントもあります。

日本国内でも急速にユーザーが増えており、現在では200万人が登録してます。本で事業を展開している外資系も積極的に活用していますよ!

*英語と日本語のように多言語で登録できます!

カナダ有名企業職歴20年のカエデがLinkedInプロフィールの書き方を説明します!

 

この記事のおすすめ読者

1.外資系への転職活動中の人。

2.海外で転職活動中の人。

3.ビジネスに特化したSNSを活用したい人。

4.LinkedInプロフィールの書き方を知りたい人。

4.英語で仕事をしたい人。

 

<LinkedInの基本情報についてはこちらをどうぞ ☟>

リンクトイン活用術

外資系や海外での転職のためには今では必須なリンクトイン(LinkedIn)を聞いたことがありますか?(読み方は「リンクトイン」です。「リンクドイン」ではありません。) ☞ LinkedInサイトへ リンクトインは、ビジネスに特化[…]

 

【LinkedInプロフィールの書き方】レジュメとの違い

 

読み方はLinkedIn=リンクトインです。

LinkedInサイトへ

 

LinkedInプロフィールがレジュメとは違う点

・セルフプロデュースのツール。

・単なる職歴や学歴の羅列ではない。

・自分に興味を持って繋がってもらうように工夫が必要。

・目的は仕事のあっせんではなく、あくまでネットワーキング。

 

LinkedInをレジュメと勘違いする人も多いようですが、LinkedInはセルフプロデュースのツールと考えた方が良いでしょう。レジュメが主に職歴や仕事上での成果の紹介を主体とするのに対して、LinkedInはもっと個性を出しやすいツールです。

職歴や学歴、仕事スキルだけでなく、ボランティア活動や趣味、発表したメディアなど、自分という人間をトータルに見せて、LinkedInメンバーに、繋がりたい、話してみたいと興味を持ってもらうことがLinkedInを利用する目的です。

ですから、単に仕事の役職名を書いたり、職歴や学歴の羅列ではないのです。

LikedInを登録する時は、自分が繋がりを持ちたい人と共有できるキーワードを必ず入れましょう

また、転職目的でLinkedInに登録しても、あくまで、人との繋がりを第一目的としたネットワーキングを心掛けます。あからさまに、仕事を紹介してほしいという態度は嫌がられます。

良いポジションの空きがあったり、仕事を一緒にする人を探している時に、自分を思い出してもらえるようなネットワークを作っておくのです。

カエデ
LinkedInの目的はネットワーキング!

 

<LinkedInとレジュメの違いをもっと知りたければこちら! ☟>

LinkedInとレジュメの違い

外資系や海外転職には必須のLinkedIn。使い方はレジュメとは違います。 海外ではリンクトインに登録していなければ、転職市場に存在していないのと同じ扱いを受けます。日本国内で外資系への転職を考えているならその状況は同じと考えて良いで[…]

 

【LinkedInプロフィールの書き方】各項目の登録方法



各項目の鉛筆マーク🖍️をクリックしてプロフィールを埋めていきましょう。特に重要な部分をピックアップして解説します。

各項目は文字数に限度があるので、できるだけ有効に使いましょう。英文文字数制限はこのサイトを参考にできます。

☞ 2021 Character Limits on LinkedIn

登録する前に、英文文字数はツールを使ってカウントできますよ。

☞ Character Counter 

Header ヘッダー

ヘッダーはLinkedInプロフィールの顔です。気合を入れて書きましょう。

プロフィール写真

転職目的でLinkedInを活用するなら、アプリ加工はせずに、できるだけ最近の写真を使い、面接の時にあまりに写真と違うという印象を与えないように気をつけましょう。キャリアアドバイザーはプロに撮ってもらうことを勧めています。

友人はちゃんとお金を払ってプロに撮ってもらっていました。願書やパスポート写真ではないので、自然な笑顔が良いでしょう。

プロフィール写真はLinkedInメンバー以外や第1次コンタクト意外には見えないように設定できます。

 

背景写真

この部分も面積が広いので自分らしさを出して有効活用しましょう。仕事の専門分野を連想させるもの以外でも、ボランティア活動や趣味に関連する写真をアップロードして、あなたのパーソナリティーを表現できます。

#Open to Work 機能

Job Preference設定で求職中と設定でき、企業のリクルーターやLinkedInメンバーに知ってもらうことができます。ただし、注意が必要です。

求職中の表示方法には2種類あります。

① LinkedInメンバーすべてに求職中を知らせる

ここに設定すると、このようにプロフィール写真に #Open to Workというサインが出ます。

 

注意:一見便利そうなのですが、キャリアカウンセラーやForbsなどのビジネス専門サイトによると、この機能を使うと、今すぐ仕事が欲しいと訴えているように見えるので止めた方が良いそうです。仕事が欲しくても余裕を持っているように見せなくてはいけません。

 

② 企業のリクルーターだけに求職中だと知らせる

こちらを選ぶとプロフィール写真には求職中のサインは出ず、企業のリクルーター(LinkedInのリクルーターアカウントを持っている人)にしか求職中とわかりません

在職中の会社に隠れて転職活動をしているなら、これを選ぶと今の会社のリクルーターには見えません。ただし、他のリクルーターのアカウントを貸してもらうと丸見えなので、100%安全とは言えません

カエデ
今や海外でLinkedInは常識なので、載せている=転職希望ではありません。

 

Job Preference

最大5つまで、自分の専門分野のタイトルを選ぶことができます。関連する言葉を入れると、タイトルがドロップダウンでたくさん出てくるので、自分の専門性を最もよく表すタイトルを選びます。

この選択によって、求人情報がふるいにかけられメールで送られてくるので、よく考えて選びましょう

例えばMarketingという言葉を選ぶと、ドロップダウンには、「Marketing Manager」、「 Marketing Specialist 」、「Marketing Coodinator」などが出てきます。

Headline

名前のすぐ下にあるJobタイトルの部分がHeadlineで、重要な登録です。

Rayan Roslansky は有名人なので「CEO at LinkedIn」だけですが、220文字(PC)~240文字(モバイル)書くことができるので、仕事スキルや専門性を表すキーワードや実績を入れます。

Project Manager/ Cosmetics / Product Development / Increased productivity of Cross Functional Team by 45% 

Human Resources Specialist / 10+ Years of People Experience / Talent Recruiting / Certified HR Trainer

カエデ
写真下のヘッドラインをうまく使いましょう。

 

サマリー(About)

 

このプロフィールサマリーはLinkedIn登録の最も重要な部分ですここで興味を持ってもらわないと職歴まで見にいってもらえません。

英文で2600文字も書けるので、自分の言葉で自分を表現でき、個性を出して自己プロデュースします。

では、何を書けば良いのでしょう。

例えば、なぜ今の仕事を選んだのか。どのようなキャリアのハイライトがあり、どのように結果を出したのか。仕事上で最も自分らしく輝いた体験を書いてみてください

または、旅に出て自己発見をした感動を書いて自分という人間を知ってもらうこともできます。

あなたが他の人とどのように違うのか、このサマリーで個性を持たせ、他のメンバーやリクルーターに興味を持ってもらえるよう工夫しましょう。

ここに1つ例を載せておきます。仕事に対するパッションを書いていますね。

“I have over 15 years of experience in the software development area.   Coding is my passion and the love has continuously helped me overcome obstacles, embrace challenges, and keep my career moving forward. I’ve had the opportunity to add a range of capabilities to my repertoire, including JavaScript, HTML, CSS, React, and Python.  Those are just a few to name.

Along the way, I also discovered a new passion: leadership. Recently, I have stepped into the role of project manager, guiding the work of other software developers and other technical experts to ensure the solution was developed correctly, on-time, and on-budget. I strived to focus on collaboration, mentorship, and communication, ensuring every team member could be at their best.

Overall, I find the ability to combine the technical with leadership incredibly fulfilling, and I aim to carry my past experiences forward, ensuring I can embrace past lessons while continuing to grow.”

他にもLinkedInのブログに目的別のサマリー例があるので参考にしてくださいね。

☞ 10 LinkedIn Profile Summaries That We Love

カエデ
プロフィールサマリーは最重要!

 

Experience 職歴


職歴は新しいものから書きます。職歴の長い人でも10~15年遡るくらいでよく、古い職歴は書かなくてよいのが英文でのLinkedInやレジュメの特徴です。

 

会社名を入れるとロゴが出てきます。

各ポジションタイトルは100文字、各職務内容は2,000文字が限度です。かならずリクルーターの眼に留まるようにキーワードを入れましょう。

 

職務内容は、P.A.R. Storyを念頭に書きましょう。

P=Problem(問題)

A=Action(アクション)

R=Result(成果)

この職歴の書き方は、私の「英文履歴書の書き方」記事の「Responsibility StatementとBullet Points(P.A.R.)」を参考にするとよいでしょう

英文履歴書の書き方

最新英文履歴書の書き方を教えます!今はObjectiveは使いません。有益なサイト情報も盛りだくさん! 英文履歴書、または英文レジュメの書き方は時代とともに変わります。 海外では特に転職を考えていなくても、いつヘッドハントされる[…]

 

リクルーターはあなたがどのように仕事上の問題を克服したか、どれくらいの成果を上げたのかを知りたがっています。企業秘密に抵触しないように、できれば%などを入れて具体的に分かるようにしましょう。

困難を書く場合も、そこから何を学んだのかを書き、必ずポジティブな内容に変換します。

職歴の短い人や学生は、アルバイトやボランティアを書いてよいでしょう重要なのは、正規/非正規ではなく、そこで何を学び、どのように成長し、今後どのような分野でその経験を活かしたいのか、関連性とストーリー性を持たせることです

カエデ
P.A.R.ストーリーを必ず入れよう!

 

Education とLicenses  & Certifications

最終学歴を書きます。海外では採用企業は年齢を聞いてはいけないことになっているので、卒業年は入れなくてもよいようです。

また、学校以外で、業務に関係するライセンスを取得したり、セミナーに参加したり、試験を受けたならそれも書きます。

個性を出したいなら、趣味のライセンスも良いと思います。

日本国内の企業向け転職なら、英語力を示すTOEICの点数を記入することもできますよ。

転職に必要なのは、ネットワーク+実務経験+スキルのアップデートです。

カエデ
スキルアップはこまめにしましょう。

 

Skills Skills & Endorsement

 

この項目では自分の強みとするスキル(ハードとソフト)をリストアップします。ハードスキルとは専門分野に直結するスキルで得意とする業務分野を指します。ソフトスキルとはそれ以外の、人格的な特徴の事で、リーダーシップ力やチームワーク力などを指します。

ヘッダーで選んだJob Titleに関連したSkillがドロップダウンに出てくるので、そこから選びます。

Endorsementとは、「スキル推薦」のことで、一緒に働いたことのある人がそのスキルを推薦してくれることです。こちらから頼んで推薦してもらうこともできます。

上のスクリーンショットでは、LinkedInのCEO、ライアン・ロスランスキーが自分の強みとするスキル「Product Management」、「 Online Advertising」、 「Monetization」を項目として挙げ、それをたくさんの人が推薦しています。

カエデ
今はソフトスキルも重要なポイント。

 

 

まとめ

LinkedInプロフィールを書くに当たって、特に大事な要素を書いてみました。今後、日本でもますます利用者や利用企業が増えるのは確実です

個性を出して、ライバルと差をつけてくださいね!

 

<英語面接の練習にはオンライン英会話を安く活用! ☟>

オンライン英会話なら

ネイティブキャンプのオンライン英会話。低価格とレッスン受け放題が魅力!でも注意が必要。なぜ? オンライン英会話レッスン無制限のネイティブキャンプ!カエデもこんな英会話スクールに行きたかった! 2人の子どもをトリリンガルに育て、自[…]

 

<LinkedInネットワーキングの方法 ☟>

LinkedInネットワーキング

LinkedInを使った転職ネットワーキングの方法を具体的に解説します。   世界200か国で7億人近くが使うLinkedInはビジネスに特化したSNSです。 私の住むカナダを含む北米では、会社員を含めビジネスを[…]

ポチっとよろしく☟
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

クリックお願いします!