リンクトインを使った転職活動はエージェントから声がかかる可能性が高い!

リンクトインを使った転職活動

外資系や海外での転職のためには今では必須なリンクトイン(LinkedIn)を聞いたことがありますか?(読み方は「リンクイン」です。「リンクドイン」ではありません。)

☞ LinkedInサイトへ

リンクトインは、ビジネスに特化したネットワーキング構築に利用されているSNSで、世界で7億人近いユーザーがいるプラットフォームです。

海外では、転職目的ではなくても、ほとんどのビジネスパーソンやフリーランスがネットワーキングのために利用してます。もちろんカエデも利用しています。

海外なら例外なく、日本にオフィスを構える外資系に転職する場合でも、リンクトインに登録しておかないと様々なチャンスを逃してしまいますよ

カナダでの職歴20年越えのカエデがリンクトインを紹介します!

 

この記事のおすすめ読者

1.外資系へ転職したい人。

2.海外で転職活動中の人。

3.ビジネスに特化したSNSを活用したい人。

4.英語で仕事をしたい人。

 

【リンクトインを使った転職活動】LinkedInって何?

 

リンクトインは現在200か国で、7億人近いユーザーと3000万社の企業が使っている、ビジネスに特化したSNSです。

ビル・ゲイツのLinkedInサイト

☞ LinkedInサイトへ

世界で7億人近いユーザー

リンクトインは現在200か国で7億人に近いユーザーと3000万社の企業が使っている、ビジネスに特化したSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のプラットフォームです。(50 of the Most Important LinkedIn Stats for 2021)

カエデ
7億人!

 

フィエスブックのビジネス版のようなものですが、フェイスブックがプライベートを友人と共有するのに対して、リンクトインはしっかりビジネスに特化して使い分けます。

ネットワーキングを使って転職に活用したり、人を採用したり、自社の商品やサービスをアピールしたり、業界の情報を収集したり等、ビジネスチャンスを広げるために効果的に利用されています。

日本では、自分のプロフィールを公にすることへの抵抗や、ビジネスは対面で行うものという文化の違いからか、まだそれほど普及していません。

それでも、利用者は急速に増えつつあり、現在は200万人超の日本人が登録しています。現在は英語だけでなく、日本語を含む複数言語でプロフィールを載せることができますよ。

 

日本でも急速に拡大中

ツイッター界隈も急速にリンクトインについてのツイートが多くなりました。

 

カエデ
ツイッターでもリンクトインの話題が増えました!

 

【リンクトインを使った転職活動】LinkedInでできること

企業が新たに人1人を雇うために、求人情報を出したり、受け取ったレジュメをふるいにかけて、何度も面接するのはたいへんな費用が掛かります。その費用や手間を省くためにも、北米では知人やネットワークを通して人を雇用することがとても多いのです。

北米では、70%のポジションは求人情報にも載らず、80%の仕事はネットワークを通して採用されるというのは有名な話です。(CNBCサイト

海外はもちろん、日本で事業を展開している外資系企業も、自国の文化にならったネットワーキングでの採用を重視してることは十分考えられます。

実際、リンクトンにプロフィールを登録したら外資系企業のエージェントにヘッドハントされたという話はよくあります。

 

以下が転職や求職活動目的のユーザーがリンクトインを使ってできることです。

① ネットワークを広げ外に出ていない求人情報を教えてもらったり目指す企業の中の人と繋がることができる。

② 転職エージェントから声がかかる可能性が高くなる。

③ 採用企業が志願者の身元や人脈等を確かめに来る。

④ リンクトインに掲載される求人を検索したり、直接応募ができる。

⑤ フォローしている人の投稿が自分のタイムラインに流れてくる。自分も投稿できる。

⑥ 目的の企業をフォローして動向や求人情報をゲットできる。

 学習に利用したり、イベントに参加できる。

 

カエデ
海外ではネットワークで仕事が決まります。

 

それぞれ見てみましょう。

①ネットワークを広げる

リンクトインは実名、顔出しで繋がることが原則となっています。(様々なプライバシー設定は可能です。)

リンクトインはネットワークを広げることを目的としていますが、ただ闇雲につながればよいというものではありません。

仕事で知り合ったり、会議やコンフェレンスで話したことのある人には、リンクトインに登録しているか聞き、すぐに、「どこそこで会いました。繋がりたいです。」とメッセージを付けて「つながりリクエスト」を送りましょう。

繋がり階層は、1次コンタクト、2次コンタクト、それ以外は3次となります。例えば2次コンタクトの人に繋がりたいときには、1次コンタクトの人に紹介をお願いすることができます。

ネットワークが広ければ、ターゲットとする企業や分野に勤めている人と、何らかの共通点や共通の知人を通じて繋がることができます

カエデ
いかにつながりを広げていくかがカギ

<リンクトイン・ネットワーキングの方法はこちら ☟>

LinkedInネットワーキングの方法

転職ネットワーキングのためのLinkedInの使い方を具体的に解説します。   世界200か国で7億人近くが使うLinkedInはビジネスに特化したSNSです。フェイスブックがプライベートにも使えるのに対し、Linke[…]

 

②エージェントからのヘッドハントの可能性

日本に拠点を置く外資系企業や外資系専門の転職エージェントたちは、もちろんLinkedInを利用して優秀な人材を確保しようとしています。

プロフィールに自分の専門分野のキーワードやパワーワードを入れ、サマリーや職歴をきっちり書いておくと、エージェントからヘッドハントしてくる可能性が高まります。

まだ日本でそれほど浸透していない今こそ、ライバルより先にこの強力なツールを利用すれば、エージェントの眼に留まりやすくなります。

とにかく登録しておくに越したことはありません。

 

<正しい英文履歴書の書き方はこちら ☟>

英文履歴書の書き方

最新英文履歴書の書き方を教えます!今はObjectiveは使いません。有益なサイト情報も盛りだくさん! 英文履歴書、または英文レジュメの書き方は時代とともに変わります。 海外では特に転職を考えていなくても、いつヘッドハントされる[…]

英文履歴書の書き方

 

③応募者の背景調査

海外では、採用企業が応募者のSNSを見て、応募内容の履歴と相違ないか、どのようなネットワークを持っているか、不適切な事を載せていないか等を確認することは常識となっています。

SNS上に問題のある内容の発信や写真を載せていないことは当然ですが、リンクトインに登録がないことも問題となります。リンクトインに登録がないと、転職市場に参戦していないのと同じです。

企業に送るレジュメのヘッダーにはLikedInアドレスを載せておくことが常識で、それほど海外ではリンクトインに登録することが一般化しています。

カエデ
海外のビジネスパーソンはリンクトインに登録していない人の方が少ない。

 

④求人情報に応募

リンクトイン求人情報
*リンクトインにTokyo, Japanで検索した時のスクリーンショット

 

全世界3000万社の企業がリンクトインに登録し、採用のツールとして使っています。

カエデがTokyo, Japanで検索したら、なんと!288,000件以上の求人が出てきました。

すべてが外資系かどうかはわかりませんが、見たところ、英語での掲載がほとんどです。

日本にもかなり浸透してきたと言ってよいのではないでしょうか?

企業が求人を載せると、ユーザーが登録した職種やキーワードでふるいにかけてからユーザーにお知らせが届くように設定できるので、毎回検索し直す必要がありません。

自分に合った求人情報を見逃さずいち早く応募することができます。

カエデ
日本でもリンクトインに載ってる外資系の求人が意外と多い印象。

 

⑤企業の情報をゲット

リンクトインのタイムラインは、多数の企業が自社の活動や新製品の紹介の場として活用しています。(もちろん個人の利用者も、タイムラインに情報を載せて自分のネットワーク上の人たちに知らせることができます。)

気になる企業をフォローにしておけば、自分のタイムラインに目指す企業や業界のトレンド情報が流れてくるので、面接に呼ばれた場合の知識として役立ちます。

また、企業だけでなく、リンクトインや業界の大御所たちが、読者が知っておくべきと思うニュースをタイムラインに流すので、自分の持っている情報を絶えずアップデートしておく習慣をつけておきましょう。

カエデ
面接の前準備は必須です。

⑥投稿を読んだり、自分も投稿する

フォローしている人の投稿が自分のタイムラインに流れてくるので、彼らが何に興味を持っているかがわかり、次回のミーティングの話題作りに活用できます。

また、もちろん自分も投稿して印象付けることができ、転職に大いに役立ちます

タイムラインの使い方はフェイスブックと似ています。誰が見ることができるかも設定できます。

 

⑦スキルアップやイベント参加

LinkedInラーニング画面
LinkedInラーニングの画面

 

転職・求職に必要なのは以下の3つです。

① 業務経験

② ネットワーク

③ アップデートされたスキル

 

もう学校を出たから、もう〇歳だからと、学習を辞めてしまうと転職の可能性は大きく下がります

リンクトインには、さまざまな分野の講師を招いた無料のオンラインイベントもあり、新しい人と繋がったり、自分の知識やスキルの上書きができます。

LinkedInラーニングには、マイクロソフトのソフトウェアや、マーケティング、コンピューターコースなど16,000以上のオンラインコースがあります(初月無料)。

☞ 日本語のLinkedInラーニングのサイトへ

☞ 英語のLinkedInラーニングのサイトへ

 

<LinkedInはレジュメとは違う ☟>

LinkedInとレジュメの違い

今やLinkedIn登録なしに外資系や海外転職は難しい。海外転職市場では皆使っています。でも使い方はレジュメとは違うんです。 海外転職市場ではLinkedIn(リンクトイン)に登録していなければ、存在していないのと同じ扱いを受けます。[…]

海外転職にLinkedInは必須

 

【リンクトインを使った転職活動】LinkedInプロフィールとメリット&デメリット



リンクトインには個人のどんな情報を登録するのでしょうか? 英語の他に日本語や多言語で登録できますよ!

プロフィールはユーザーのセルフプロデュースの顔です。個性を出しつつ、目指すキーワードやパワーワードを入れることをお忘れなく

 

リンクトインのプロフィール

リンクトインのプロフィールの主な内容は以下のようなものです。

名前とヘッドライン】ヘッドラインには自分の専門と直結するキーワードを入れます。

専門分野】この分野を選択しておくと関連した情報が見つけやすくなります。

求職中かどうか求職中としておくとリクルーターにわかります。

プロフィールサマリー】リンクトインでは、ここが最も重要です。英文では2600文字でたっぷり自分をアピールできます。

職歴履歴書とは違い、内容が全部見えるので、公表する内容には注意しましょう。

学歴や学習】最終学歴と学部、スキルアップのために受講したセミナー等関連するものを書きます。

スキル】自分の得意とするスキルを選びます。ここはネットワークで繋がった人にスキル推薦でバックアップしてもらうことができます。

言語と受賞歴】使える言語や仕事に関連する受領歴を入れます。

興味】興味のあるインフルエンサーや企業をフォローすると最新情報が流れてきます。

カエデ
プロフィールサマリーは最も力を入れましょう。

 

<LinkedInプロフィールの書き方はこちらを参考に ☟>

LinkedInプロフィールの書き方

海外や国内外資系への転職に必要なLinkedInの英語プロフィールの書き方を紹介します!   世界200か国で7億人近いユーザーがいるLinkedIn(リンクトイン)はビジネスに特化したネットワーキングのためのSNSで[…]

 

メリットとデメリット

どんなSNSもメリットとデメリットがあります。せっかく内定が決まったのにSNSに不用意な写真を載せていたためダメになったケースもあります。

大事なことは、リンクトインはクローズドにできるFacebookとは違い、内容も公になりやすいので、プライベートと混同しないことです。遊びの写真や家族の写真は載せません。

メリット

  • 日本ではやっと普及してきたので、今なら使っていることだけでライバルに差がつきます
  • 一般求人より早く求人情報にアクセスできる。日本でも多くの外資系が求人を載せています
  • 外に出ていない求人情報をゲット。リクルーターだけでなく、個人的に繋がっている人が、自社で空きポストが出た時に、「この人いいかも?」と外に出ていない求人情報を教えてくれるかもしれません。

 

デメリット

  • リンクトインは履歴書のようでいて履歴書ではありません。間違うと個人情報が公になるので、内容には十分注意しましょう。
  • うっかり企業秘密を載せないように十分注意しましょう。
  • 今の会社に求職中だとバレる可能性。「リクルーターにだけ求職中を公開」を選ぶと、在職中の会社のリクルーターには見えない設定にできますが、それでも他のリクルーターのアカウントを使って見ることも可能なので、100%安全とは言えません。
  • 本気でないリクルーターもDMを送ってくる。リクルーターも数を撃っている場合が多いので、DMを送ってきたら、こちらからも質問を送って本気度を確かめましょう。

 

まとめ

外資系転職だけでなく、ビジネスの拡大を目的としたネットワーキングや、一般企業への就職に、日本でリンクトイン(LinkedIn)の利用が拡大していくことは確実です。

チャンスを逃さないためにも、今すぐ登録することをおすすめしますよ!

 

<英語面接対策にはオンライン英会話 ☟>

オンライン英会話おすすめ

DMMオンライン英会話にするなら、プラスネイティブプランはおすすめです。ネイティブ講師から自然な英語を、日本人講師からは日本人に合った教授法を、同じプラン内で格安で受けられるからです(500円~)。口コミも紹介しましょう。 2人の子ど[…]

DMM英会話プラスネイティブプラン

 

ポチっとよろしく☟
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

リンクトインを使った転職活動
クリックお願いします!