リンクトインで転職活動すると会社にバレる?ならばこれをやってみて!

今や外資系や海外での転職に必須のリンクトインLinkedInですが、転職活動が会社にばれる心配は少なからずあります。いろいろな対策方法がありますよ!

 

外資系や海外での転職のためには今では必須なリンクトイン。(LinkedIn:読み方は「リンクイン」です。「リンクドイン」ではありません。)

 

リンクトインは、ビジネスに特化したSNSで、ネットワーキング構築に利用されています。世界で8億人近いユーザーがいるプラットフォームです。

 

カエデ
8億人!

 

☞ LinkedIn公式サイト

 

海外では転職目的でなくても、ほとんどのビジネスパーソンやフリーランスがリンクトインを使っています。もちろんカエデも利用しています。

 

ただ、日本では、リンクトインに登録すると在職している会社に転職活動がバレるのではないかと心配する人が多いようです。

 

会社にばれると立場が悪くなるのでしょうか?
会社にばれないようにする方法はあるのでしょうか?

日本の有名外資系とカナダの大手日系企業に長年勤めたカエデが、リンクトインを解説します!

 

この記事のおすすめ読者

1.外資系へ転職したい人

2.海外で転職活動中の人

3.英語で仕事をしたい人

4.会社にばれずに転職活動をしたい人

 

英語転職にかかせないのが英語面接。カエデも何度も英語面接を受けましたが、練習さえすれば本番は落ち着いて望めます。ネイティブ講師も在籍しているDMM英会話ならたくさん模擬面接レッスンが受けられますよ
☞ >> DMM英会話無料体験2回可能!

 

【リンクトインは会社にバレる?】LinkedInって何?

 

リンクトインは現在200か国で、8億人近いユーザーと3000万社の企業が使っている、ビジネスに特化したSNSです。

ビル・ゲイツのLinkedInサイト

 

世界で8億人近いユーザー

リンクトインはフィエスブックのビジネス版のようなものですが、フェイスブックがプライベートを友人と共有するのに対して、リンクトインはしっかりビジネスに特化して使い分けます。

 

ネットワーキングを使って転職に活用したり、人を採用したり、自社の商品やサービスをアピールしたり、業界の情報を収集したり等、ビジネスチャンスを広げるために効果的に利用されています

 

日本では、自分のプロフィールを公にすることへの抵抗や、ビジネスは対面で行うものという文化の違いからか、まだそれほど普及していません。

それでも、利用者は急速に増えつつあり、現在は280万人超の日本人が登録しています。

 

日本でも急速に拡大中

ツイッター界隈も急速にリンクトインについてのツイートが多くなりました。

 

カエデ
ツイッターでもリンクトインの話題が増えました!

 

リンクトインLinkedInでできること

 

企業が新たに人1人を雇うために、求人情報を出したり、受け取ったレジュメをふるいにかけて、何度も面接するのはたいへんな費用が掛かります。

その費用や手間を省くためにも、北米では知人やネットワークを通して人を雇用することがとても多いのです。

 

北米では、70%のポジションは求人情報にも載らず、80%の仕事はネットワークを通して採用されるというのは有名な話です。CNBCサイト

 

海外はもちろん、日本で事業を展開している外資系企業も、自国の文化にならったネットワーキングでの採用を重視してることは十分考えられます。

 

実際、リンクトンにプロフィールを登録したら、外資系企業のエージェントにヘッドハントされたという話はよくあります。

 

リンクトインはレジュメと同じ使い方はしません。詳しくは私のこの記事を読んでね! ☞ >> 海外就職や外資転職に有利なLinkedIn|レジュメとは使い方が違います!

 

以下が転職や求職活動目的のユーザーがリンクトインを使ってできることです。

① 「つながり」や「フォロー」でネットワークを広げる。つながっている人「コンタクト」には直接メッセージを送れる。(有料メンバーになると、つながっていなくてもメッセージを送れます。)

② 外に出ていない求人情報を教えてもらったり目指す企業の中の人と繋がることができる。

② 転職エージェントから声がかかる可能性が高くなる。

③ 採用企業が志願者の身元や人脈等を確かめに来る。

④ リンクトインに掲載される求人を検索したり、直接応募ができる。

⑤ 「つながり」はないがフォローしている人の投稿がイムラインに流れてくる。「いいね」や「コメント」で自分を知ってもらいましょう。

⑥ 興味のあることや業界のニュースを投稿して存在感をアピールできる。

⑥ 目的の企業をフォローして動向や求人情報をゲットできる。

 学習に利用したり、イベントに参加できる。

 

カエデ
海外ではネットワーク(いわゆるコネ)で仕事が決まります。

 

<リンクトインを使ったネットワーキングの方法はカエデのこちらの記事へ
☞ >> リンクトインの使い方|ネットワーキング活用方法とは!?

 

LinkedInのメリット&デメリット

リンクトインには個人のどんな情報を登録するのでしょうか?

プロフィールはユーザーのセルフプロデュースの顔です。個性を出しつつ、目指すキーワードやパワーワードを入れることをお忘れなく

 

リンクトインのプロフィール設定

リンクトインに載せるプロフィールの主な内容は以下のようなものです。

リンクトインプロフィール

名前とヘッドライン】顔写真下のヘッドラインには、自分の専門と直結するキーワードを入れます。

求人設定

役職:自分の得意とする分野を最大5つまで選択しておくと、リクルーターの目に留まりやすくなります。

求職:仕事を探している人は、自分が求職中だとリクルーターに知らせることができます。

自己紹介(プロフィールサマリー)】リンクトインでは、ここが最も重要です。英文では2600文字でたっぷり自分をアピールできます。

職歴履歴書とは違い、内容がオンラインで見えるので、公表する内容には注意しましょう。数字や%を入れてなるべく具体的に。

学歴】最終学歴と学部を入れます。学校のロゴが出てきます。

スキル】自分の得意とするスキルを選びます。ここはネットワークで繋がった人にスキル推薦でバックアップしてもらうことができます。

コース】スキルアップのために受講したセミナー等関連するものを書きます。

言語】使える言語とそのレベル。

【組織】会社以外で所属する団体や組織などを入れておくと、ここからも繋がりが広がります。

関心トピック】興味のあるインフルエンサーや企業をフォローすると最新情報が流れてきます。

 

カエデ
プロフィールサマリーは力を入れましょう。

 

メリットとデメリット

どんなSNSもメリットとデメリットがあります。せっかく内定が決まったのにSNSに不用意な写真を載せていたためダメになったケースもあります。

もっとも大事なことは、リンクトインはクローズドにできるFacebookとは違い、内容も公になりやすいので、プライベートと混同しないことです。

遊びの写真や家族の写真は載せないようにしましょう。

メリット

リンクトインを今始めるメリットは以下のようなことです。

  • 日本ではやっと普及してきたので、今なら使っていることだけでライバルに差がつきます
  • 日本語と英語でプロフィール入力できます。
  • 一般求人より早く求人情報にアクセスできる。日本でも多くの外資系が求人を載せています
  • 使っている人がまだ少ないので、リクルーターが接触してきます。
  • 外に出ていない求人情報をゲットできる。リクルーターだけでなく、個人的に繋がっている人が、自社で空きポストが出た時に、「この人いいかも?」と外に出ていない求人情報を教えてくれるかもしれません。

デメリット

使いづらいところもありますね。

  • 今の会社に求職中だとバレる可能性がある。(これについては下で詳しく。)
  • プロフィールを見に行くと足跡が残る。(リクルーターライセンスがあると残らない。)プライバシー設定を「匿名ユーザー」にすると足跡は残りませんが、自分も誰が見に来たかわかりません。
  • ツイッターのように「つながり」のない人にいきなりメッセージは送れない。「つながりリクエスト」は送れますが、何かのイベントで会った、や、誰それを知っている等、つながりたい理由は伝えましょう。
  • 本気でないリクルーターもメッセージを送ってくる。リクルーターは「つながり」がなくてもメッセージを送れます。数を撃っている場合が多いので、メッセージを送ってきたら、こちらからも質問を送って本気度を確かめましょう。

メリットとデメリットを理解して、上手にリンクトインを使いましょう。

 

「英語力 x スキル」なら転職に怖いものなし。外資転職や海外就職も夢ではなくなります。特にITは需要の大きい分野です。まずは初心者向けWEBスクールの無料体験から始めると良いですね。

初心者向けのWEBスクールSHElikes(女性限定)なら無料体験があります!
☞ >> 未経験者向けWEBスクール【SHElikes】

あのDMMグループ傘下のITエンジニア養成スクール【WEBCAMP】が未経験から3か月で転職可能に!
☞ >> 転職成功率98%のWEBエンジニアスクール【WEBCAMP】無料カウンセリング申し込み

 

使っていることがバレる可能性はある

 

さて、では本題の「リンクトインは転職活動が会社にばれるのか」ですが、100%バレないとは言い切れません。

 

★ バレないようにするにはどのような方法があるのでしょうか。

 

設定を変える

LinkedInにはプライバシー設定がたくさんあります。

公開プロフィールの編集

「プロフィール公開の範囲」をオフにすると、Google等の検索エンジンであなたの名前を入れてもヒットしません。

ただし、LinkedInに登録しているメンバーは、(あなたの会社の採用担当者以外は)あなたのプロフィールや職歴を見ることができてしまいます。

 

プロフィール写真

「1次つながりのみ」を選択すると、LinkedInで直接つながっているメンバーしかあなたの写真を見ることができません。顔写真がなければ断定しにくくなります。

ヘッドライン設定

求職欄:仕事を探している人は、「採用担当者のみ(Recruiters Only)」または「すべてのLinkedInメンバー(All LinkedIn Members)」を選びます。これが設定されていないとリクルーターが連絡してくる可能性が下がります。

 

①「採用担当者のみ」にすると採用担当としてLinkedInに有料登録しているリクルーターだけに分かります。

☝その場合、現職の会社の採用担当者には、あなたが求職中とは見えない仕組みになっています。

しかし、あなたの会社の採用担当者が、他社のリクルーター仲間のログインを借りると見えてしまいます。

 

②「すべてのLinkedInメンバー」にすると、あなたの顔写真に「#Open to Work」という緑色のサインが出て、LinkedInメンバー全員にあなたが求職中だと分かります。

LinkedIn求職中サイン

会社に求職中だとばれたくない人はこの設定は避けましょう。

Start Date:仕事の開始日

開始日を2つの設定から選べます。

① Immediately, I’m actively applying(至急探しています。私は積極的に応募しています。)

② Flexible, I’m casually browsing (時間には柔軟性があります。私はどのような募集があるのかを見るために求人募集を閲覧しています。)

②を選んだ方が、もし会社の人に見られても、「今すぐ転職したいわけではない」または「自分の市場価値を知りたいから」と言い逃れができます。

リクルーターは、あなたが条件に当てはまっていれば、求職中であろうとなかろうとアプローチしてきます。それが彼らの仕事だからです。

あなたがすることは、プロフィールを魅力的に充実させることです。

 

LinkedInで一番大事なプロフィールの書き方はカエデのこちらの記事を参考にしてね!
☞ >> 【LinkedInプロフィールの書き方はこれ!】インパクトのある自己プロデュースを発信しよう

100%バレないわけではない

 

このように、プライバシー設定を変えることで、リンクトインに登録していることが会社にばれにくくすることはできても、100%ばれないとは言い切れません。

ただ、リンクトインの目的はビジネスのためのネットワーキングなので、「登録していることが即転職希望」と会社が考えるのは正しくありません

また、リンクトインに登録していることで何か制裁をしてくる会社なら、早く辞めた方が良いということですね。

 

まとめ:リンクトイン登録は普通のこと

 

まとめてみましょう

〇 会社にバレない完璧な方法はない
〇 設定によってバレにくくすることは可能〇 LinkedInに登録することは今や当たりまえ

 

リンクトインに登録していることを在職中の会社にばれないようにする100%の方法はありません。

ただ、今ではリンクトインに登録することは、ビジネスパーソンにはごく当たり前のことと開き直りましょう。

会社がすべきことは、有能なあなたが会社を去らないように魅力的な条件を出すことなのです。

 

英語は発音を間違えると聞き返されることに。特に英語面接ならショックですよね?実は英会話は完璧な文法より発音のほうが意外と大事なのです。発音矯正に特化したコーチング「ハツオン」についてカエデの記事はこちら。
☞ >> 英語が通じないショック!英会話は発音が大事ーミライズ発音矯正の無料相談がおすすめ

発音矯正コーチング無料面談

受験をくぐり抜けてきた日本人は、英語文法力や語彙力はけっこうあるのに海外に出て英語がなかなか通じません。それはズバリ発音やイントネーションが間違ってるからです。   英語エキスパートたちも「文法より発音の方が大事」だと[…]

ミライズのハツオン