幼児から大人までおうち英語ルートマップ|費用対効果ならこれ!

おうち英語ルートマップ

今はテクノロジーを利用しておうち英語をすることで、費用を抑えて子供に高度な英語力を着けることができます。フルタイムのインターに行かなくても大丈夫!

 

インターナショナルスクールに行かないと高度な英語力は子供に付かないと考えていませんか?☞そんなことはありません。

英語は日本語に比べると、ずっと習得が楽な言語です。(ただし、「英語は2000時間でマスターできる」というセールストークはおおげさです。)

英語を高度にマスターした経験と、子供たちを高度トリリンガルに育てた経験を基に、カエデが考えるおうち英語費用効率的ルートマップをご紹介します。

*もちろん、教育費は使わないといけませんが、ここで使って欲しいというところを教えます!

 

広告

おうち英語は早く始めるが勝ち

大事なのは、「とにかくおうち英語を早く始める」ことです。そうすることで、大人のように英語学習に苦しまなくて済みます

子供の外国語習得能力の高さは科学が証明しています。

子供の外国語習得能力はMITが証明

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、外国語の習得能力の臨界期について大規模な調査を行いました。

大きな発見は、「外国語の文法を高度に習得する能力は思春期くらいで終わると思われていたのが、実は18歳くらいまで持続する」ことが分かりました。

しかし、「ネイティブ並みになるには10歳までに外国語学習を始めないとほぼ不可能」ということです

10歳までならネイティブのように正しい発音と文法力を身に着けられます。(しかし、その言葉が話されている国に住むくらいどっぷり浸からないといけませんが。)

カエデ
子供は語学の天才!

 

おうち英語は0歳から始める

外国語の習得のカギは「早く始めることと、その言語にたくさん触れること」です。

できれば0歳から始めましょう。

乳幼児から始めると、「黄金の耳と鋭い文法習得能力を利用」できますまた、外国に住まなくても、早く始めることで「言語の総接触量を増やす」ことができます。

幼児期をうまく活用することで、フルタイムのインター教育に負けない英語力を身に着けさせることができます。

 

余った時間を専門の勉強に使う

おうち英語や早期英語教育のメリットは、成長してから苦労して英語を身に着けなくて良いので、余った時間を専門性を高めることに使えます。

これからは「英語力x専門性」の2本柱が主流になります。大人になってからだと子供時代の数倍の時間が英語学習に必要になります。

周りが英語学習をしている時間を、英語以外の受験勉強や、自分の興味のある勉強、専門的な知識の向上に使えます。

子供時代に楽に英語力を着けさせることは、子供が大人になってから苦労せず、限りある時間を有効に使うことができるのです。

 

努力で英語ができるようになった人は、「英語は大人になっても身に着けられる」と言います。しかし、誰もが彼らのように努力家ではありません。

おうち英語は、子供の意思の力が必要ないのです。

カエデ
子供の言語習得能力を活用しましょう。

 

おうち英語でダブルリミテッドになるのか?

日本語がまだ確立していない乳幼児に英語を教えると、日本語が育たずダブルリミテッド(セミリンガル)になるのでしょうか?

ダブルリミテッドの心配は無用

おうち英語や早期英語教育に反対する人は、どちらも中途半端なダブルリミテッドになると言います。

しかし、日本で、日本語に囲まれ、日本人の親に育てられている子供の日本語が育たない、等ということはまず起こりません。

よほど英語かぶれした親に、始終英語育児をされない限りは大丈夫です。

(ただし、海外赴任や移住で国境を超える場合は、子供の母語の成長に注意が必要です。)

 

カエデ
よほど英語かぶれした育児でなければ心配無用!

 

おうち英語ルートマップ紹介

では、カエデが考える「費用に見合ったおうち英語の長期的なルートマップ」を紹介します。

テクノロジーを利用すれば、フルタイムのインターに行かなくても、今では十分高い英語力を着けることができますよ。

 

カエデが考えるおうち英語ルートマップ ☟

  • 0歳からかけ流し
  • 母語(日本語)優先の育児
  • 3歳から読み聞かせやビデオ、オンライン英会話、プリスクール
  • 幼稚園でサタデースクールやプリスクール
  • 小学校時代はサタデースクールやアフタースクール
  • 9歳頃までに初めての海外旅行に連れ出す
  • 作文と読書を習慣づける。
  • 高校時代で1年間の交換留学
  • 大学で本格的な留学

 

0歳からかけ流し

まずは0歳から英語の歌やオーディオブックをかけ流すだけです。

これは耳が音を覚えるインプットです。かけ流しだけで英語を話すようにはなりません。

幼児は勝手に音を拾って英語の歌を歌うようになりますが、意味が分かって歌っているわけではありません。意味が分かるのはもっと後です。

 

そして、3歳の誕生日までは、親は英語での語りかけや読み聞かせはしません。親の母語(日本語)でしっかり語りかけや読み聞かせで育児をし、言葉そのものの基礎を作ります。

読み聞かせは子供を将来読書好きにします。読書好きにすると英語育児にも役立ちます。

カエデ
母語の基礎があってこその英語教育です。

 

3歳から読み聞かせやビデオ、オンライン英会話、プリスクール

3歳から徐々に英語でのアクティビティを増やします。英語への抵抗感をなくすことが一番大事なので無理強いは禁物です。

今ではテクノロジーのおかげでさまざまなツールがあります。

色々なツールを使ってインプットしましょう。インプットが十分になればアウトプットの場も用意しましょう。

ただし、インプットが十分でないのにアウトプットを急ぐと子供が英語嫌いになります。

 

親の日本語アクセントのついた読み聞かせでも大丈夫です。子供はネイティブの先生(またはビデオ)のほうを真似してくれます。

呼び水として親が英語で語りかけるのもOKです。

 

親は英語を教える必要はなく、親がすることは「英語に触れる環境作り」です。

フォニックスやサイトワーズも無理せず始めましょう。本好きにしておくと語彙や表現力が伸びます。

カエデ
親がすることは環境作り

 

幼稚園でサタデースクールやプリスクール

インターは不要と言いましたが、お金に余裕があれば、4~5歳で1~2年だけインターのプリスクールもお勧めです。

またはサタデースクール’やアフタースクールだけでも効果があります。インプットも引き続き続けましょう。

他の子供たちと英語で遊んで楽しいと思えることが大事です。

 

カエデの子供たちはカナダでフルタイムの日本語保育園に通ったので、後の日本語保持が比較的楽でした。

小学校からのフルタイムのインターは必要ありません。

カエデ
英語は楽しいと思えることが大事

 

小学校時代はサタデースクールやアフタースクール

さて、英語学習を続けることが難しくなるのが小学校に上がってからです。

幼児期とは違い、このころになると英語で遊ぶだけでは英語力が着きません。

小学生は幼児期とは違い、読んだり書いたりする学習の要素も必要です。

 

一番良いのはイマージョン方式といって、英語で教科学習をすることです。カエデの子供たちは土曜日の補習校で国算理社の勉強をして日本語力を着けました。

しかし、学科でなくても、子供が興味のあることを英語で体験させましょう。

カエデ
興味のあることを英語で体験

 

9歳頃までに海外旅行に連れ出す

できれば4年生くらいまでに海外旅行に連れ出します。その年齢は多感で外国を意識し始めますが、外国文化や外国人に対する抵抗感が薄いので、真の国際人になりやすい年齢です。

親は子供に英語を話せるようになって欲しいだけではなく、グローバルな広い視野を持った大人になってほしいはずです。

世界で何が起こっているのか、どんな歴史があって、どんな人達が住んでいるのか等、子供と日頃から話し合いましょう。

 

作文と読書を習慣づける

9歳を過ぎたら徐々に作文を始めましょう。日本語で作文力のある子は英語の作文も上手くなります。作文力は英⇔日で強め合います。

最初は英語の間違いの訂正をせずに自由に書かせます。子供って訂正されるのが嫌いなんですよね。うちの子も日本語の作文を訂正すると泣いて怒ってました。子供の性格も見ながら対応するのが良いと思います。

英作文は中級以上はネイティブの先生に見てもらいましょう。やはり英語らしい表現があるからです。将来留学させるなら、海外の学校ではレポートが命。書くことに抵抗がないように育てましょう。

思春期になると子供の使う語彙も大人に近づきます。その時に英語の語彙力がないと英作文にもどかしさを感じます。そこで力を発揮するのが読書です。

日本語と英語、両方で読書を楽しめるようになると怖いものなしです!

カエデ
読書と作文で語彙力と表現力をつけます

 

高校時代で1年間の交換留学

高校で1年くらいの留学が理想ですね。

できればしっかりしたホームステイファミリーがいる、フルブライトやロータリークラブの交換留学が理想ですが、しっかりした交換留学制度のある高校へ進学させるのも良いでしょう。

留学エージェント経由での高校生留学は本当に気をつけないとなりません。ステイ先の家族が金銭目的のためサポートがなく、鬱になった例をカエデはいくつか知っています。

高校生はまだ子供で、問題を自分で解決できないということを忘れないでください。

子供の成長に合わせ無理は禁物です。

カエデ
高校生はまだ大人ではありません。

 

大学で本格的な留学

日本の大学から交換留学で1年間留学するか、4年間の学部留学という方法があります。

学部留学の場合、何年もかけて計画する必要があります。

海外の大学は卒業するのがとてもたいへんです。英語ネイティブであっても、カエデの娘も勉強が大変で見ていてかわいそうでした。

また、英語圏の大学は学費が高く、生活費込でアメリカなら1700万円くらいかかります。資金計画も大事です。

 

前述したように「英語x専門」の2本立てのキャリアプランを考えましょう。

 

カエデ
これがカエデが考えるバイリンガルになるルートです

 

まとめ:おうち英語は子供に大きな選択肢を与える

このように、早期英語教育なら、将来の余った時間をキャリアのための勉強に使うことができるのです。

英語を話せる事は子供の選択肢がふえることです。ただし、子供の成長のスピードに合わせ、無理は禁物です。

もちろん、幼児期でなくても、英語はいくつになっても学習することができます。ただ、子供のほうが楽なんです。

英語で苦労した身としては、うらやましいかぎりです。

 

子供英会話

ネイティブキャンプのオンライン英会話。低価格とレッスン受け放題で話題のオンライン英会話スクールです。キッズコースも用意されていて、外国人子ども向け講師が秀逸。これなら日本人講師でなくても心配なさそう。どこよりも長い1週間無料体験があります。[…]

 

参考:MIT News, May 1, 2018 ‘Cognitive scientists define critical period for learning language

 

ポチっとよろしく☟
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

広告

おうち英語ルートマップ
クリックお願いします!