【バイリンガルだと年収が上がる】は本当?まとめて検証します!

カエデ
こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマンカエデです!

 

外国語を勉強するって大変ですよね。読者の皆さんも、海外で子どもにバイリンガル教育をしたり、熱心に英語学習をしたり、子どもの将来のため早期英語教育を始めたりと、頑張っている人も多いのではないでしょうか。お金も時間もかかりますよね。私も今を遡ること数十年前、これからは英語の時代だ!と英語学習を始めました。その後、自分の子どもたちをカナダでトリリンガルに育てました!では、外国語を話せる人、バイリンガルやマルチリンガルになると収入が上がり苦労は報われるのでしょうか?検証してみましょう。

カナダのバイリンガル率は高い、低い?

私の住むカナダは英仏2言語が公用語です。でも、厳密に言うと、連邦レベルではバイリンガルですが、州レベルでは公用語がバイリンガルとは限りません。

ケベック州はフランス語のみを公用語としていて、ニューブランズウィック州は英仏2言語が公用語です。私の住むオンタリオ州を含む他の8州は英語のみが公用語です。そうです、州レベルでバイリンガルなのはニューブランズウィック州だけで、その他の州は英語かフランス語の1言語のみが公用語です。バイリンガル国家カナダでも皆が皆バイリンガルではありません

 

カエデ
実は英語話者はバイリンガル率が低いんです

 

カナダ全体では英仏語のバイリンガル人口は18%ですが、ケベック州だとバイリンガル率が上がり45%の人がバイリンガルです。しかし、ケベック州を除くカナダ全体のバイリンガル率は10%にしかなりません(2016年カナダ国勢調査) 。やはり英語の威力は強いので、フランス語圏のケベック州でも英語も話せないと仕事などに影響が出るのでしょう。しかし、反対に、英語圏の人は英語だけで事足りてしまうのでそれほどフランス語の必要性を感じないようです。私の住むトロントはカナダ1位の経済都市ですが、フランス語話者に出会うことは稀で、私が少しフランス語を話せると言うと同僚から「すごい!」と言われてしまいます。だからフランス語を習ってもあまり使う場所がないのが実情です。

 

バイリンガルなら年収はアップする?北米の場合

では、バイリンガルになると収入に直結するのでしょうか?

 

カナダ全体では、英仏語バイリンガルの人はモノリンガルに比べて、男性なら4%、女性なら7%収入がアップするそうです。そして、ケベック州では、男性なら7%、女性なら8%収入が増えます。(Globe and Mail, Bilingualism pays, study finds, August 30, 2010)しかし、これは仕事で第2言語を使っているかどうかは関係しません。これらの数字は、複数の言葉を話せることが収入に何かしらの良い影響を与えていることを表します。

 

そして、面白いのが、仕事で第2言語を使っているなら、ケベック州ではカナダ全体のアップ率に加えて、男性ならなんと14%、女性なら7%収入が増え、一方、その他の州では残念ながら第2言語を仕事で使っているかどうかではその加算分はありません。ケベック州のほうが、第1言語のフランス語に加えて影響力の強い英語も話せる人のほうが収入は高いようです。

カエデ
モントリオールはバイリンガル率が高く皆さんペラペラ

 

また、カナダでは連邦政府職員には英仏2言語のバイリンガルであれば年間800ドルのボーナスが支払われています。このボーナス制度は1977年、当時25%だった職員のバイリンガル率を上げるために始まりました。しかし、現在、職員のバイリンガル率は43%にまで上がり、ボーナスに年間6800万ドルの経費がかかるため、その制度を廃止して職員の言語トレーニングやメンテナンスに回すべきだという意見が出ています。(CBC News, Dump public service bilingual bonus, top bureaucrat says, Sep 29, 2017

 

FluentU という言語学習サイトには、アメリカの求人サイトであるSalary.com に、仕事で外国語を使うなら時給は5%から20%上がると明記されているとあります。また、このサイトには、経済雑誌エコノミスト(The Economist)に、外国語を使えるなら生涯賃金で67,000ドル多く収入を得られるだろうと書かれているとしています。

 

カエデ
私の会社もフランス語が使えると手当がもらえます

 

英語力と年収の関係は?日本の場合

では、日本の場合はどうなのか見てみましょう。これほど英語学習のさかんな日本なら語学力は年収に直接影響があるのでしょうか?

 

英語力と年収の関係は?女性は顕著

日本の転職サイトDaijob.com が2014 年に、当サイトに求人情報を掲載し採用通知を受けた求職者の内、英語スキルがビジネスレベル以上の2,669 人に絞って調査を行い ました。ここでも英語力がある給与所得者の年収が全国平均の所得に比べて高いことを示してます。男女ともに40歳以降の年収差は大きく、特に女性の場合は元々給与が’低いという理由もあり差が顕著で、50 代では約 3 倍の差になっています。

 

出典:Daijob.com語学力と年収に関する調査(2014 年)

 

年収1,000万円プレーヤーの英語力は?

日本のグローバル人材紹介会社エンワールド・ジャパンが英語ネイティブ話者以外の登録者1,928人にアンケートを取り、英語力と年収との関係を調査しました(2020年)。その結果、英語上級者(流暢)の約60%の年収が、大きなマイルストーンとなる1,000万円以上でした。英語力が挨拶程度の初級者は1,000万円プレーヤーの中では10%程度に留まっています。日本全体では年収1,000万円以上の給与所得者は5%程度なので、英語力が高い人ほど年収が高い傾向にあると言えます。

 

グラフ:英語力と年収の関係

出典:エンワールド・ジャパン調査(2020年)

カエデ
日本では英語が使えると大幅アップ!

 

1,000万円プレーヤーが必要と考えるスキルとは?

これも日本の転職サイトBIZREACHが、年収1,000万円以上のビジネスパーソンを対象に、転職やキャリアアップに必要と思う資格と、年収を増やすために必要なスキルは何か、2011年にアンケートを行いました。

 

Q1: 転職やキャリアアップに必要だと思う資格は何ですか?

Q1.転職やキャリアアップに必要だと思う資格は何ですか?

ダントツ1位は語学力ですね。TOEICや英検などを受け、目に見える形で資格を取っておくのも良いでしょう

 

Q2: 実際に、年収アップに必要なスキルは何だと思いますか?

Q2.実際に、年収アップに必要なスキルは何だと思いますか?

こちらは年収アップのために必要なスキルです。語学力もさることながら、本業の実績や成果を出しておくのが大事なようです。実務能力と語学力の2本立てなら心強いでしょう。

出典:BIZREACH 「年収アップのために必要な資格・スキル」(2011年)

 

 

カエデ
英語力と実務スキルの2本立てがカギ!

 

バイリンガル人材の底力とは?

バイリンガル話者、特に幼い頃からバイリンガル・マルチリンガルとして育った子どもには、外国語を話せるメリット以外にもさまざまな能力が備わっています。成長後、それらの能力が就職・転職活動や業務を遂行するためにもプラスに働き彼らの年収を上げる要因になっていると思われます。

 

バイリンガル・マルチリンガル話者は、

1.知的発達が刺激され、認知力が高く、思考に柔軟性が着き、想像力が旺盛になる。

2.言語学習能力が高く、言語や文法的なルールに対する分析力が高いため、母語にもプラスになり第3、第4の外国語の習得も速い。

3.モノリンガルよりもコミュニケーション能力が高く、相手のコミュニケーションのニーズに敏感に配慮ができ、相手の理解度を確かめて言語をスイッチしたり言葉の難易度を切り替えられる。

4.高度の異文化理解が可能で、社会的態度にも柔軟性を持つようになり、他の文化、民族グループに対しても寛容になる。

5.脳に耐性があり、認知症の発症年齢がモノリンガルより遅い。

 

私の子どもたちはまだ学生なので彼らの収入が一般より多くなるのかはまだわかりませんが、1から4の特徴は彼らを育てていてよく理解できます。また、5の認知症の発症が遅いということは、長期間にわたり知的生産活動ができるということで、その分生涯収入も上がると考えられます。

 

カエデ
バイリンガル・マルチリンガル話者にはいろいろな能力があります

 

参考:International School Parent, The Benefits of a Bilingual Education

中島和子(2016)「完全改訂版 バイリンガル教育の方法・12歳までに親と教師ができること」

まとめ

 

このように、言語能力に加え、バイリンガル人材はさまざまな能力を持つ真のグローバル人材であること、子どもをバイリンガル・マルチリンガルに育てる教育熱心な親を持ったこと、大人になってから外国語を勉強する人は努力家であること、等の理由で、その結果彼らの年収が平均より高くなることは大きく納得できることではないでしょうか。これなら頑張ってみる価値はありそうですね!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

クリックお願いします!