バイリンガルになるにもレベルがある―話せるだけでいいの?

こんにちは!マルチリンガル子育てブロガーのワーマン・カエデです。

子どもにバイリンガル教育をしているパパママに問います。「お子さんをどのレベルのバイリンガルにしたいですか?」第2言語は話せるだけでいい?それとも読み書きも自由にできて将来仕事で使えるレベル?

実はそこまで考えてバイリンガルでの子育てを始める親ごさんは少ないのではないでしょうか。

言語の技能には3段階あります。今回はそれについてちょっと踏み込んだバイリンガル理論を説明しましょう。

これを知っているのと知らないのとではお子さんのバイリンガル教育に大きく影響します。この理論は海外での日本語教育、日本での英語教育のどちらにも当てはまります。

カエデ
バイリンガル子育てをしているすべての親ごさんの参考になると思いますよ。

バイリンガルのレベルはさまざま

まず、子どもがバイリンガルになったとしてもバイリンガルのレベルは本当に様々です。聞けても話せかなったり、話すのは家庭言語程度だったり。

例えば海外在住永住者や海外国際結婚家庭の子どもの場合、週末の日本語学校、中には補習校へ行っても日本語のほうは日本人の親と小学校低学年レベルの日常会話ができる程度で読み書きはほとんどできない、またはできても小学校2年生レベルに留まる子どもが多いのが実情です。

特に海外永住の子どもは日本語力が弱いため家族以外の人と日本語で会話することを恥ずかしがり、話さないのでいっそう日本語が伸びなくなります。

カエデ
日常使われない言葉の習得は本当に難しいです。

日本での英語教育も、幼児の間は英語教室で楽しくお歌を歌いダンスを踊っても、英語教室を止めるとすぐに忘れてしまいます。言葉とはそれほど儚(はかな)いものなのです。そして年齢が上がり、色々なジャンルのものを読んだり書いたりなどの学習もできる英語力を着けるにはやはり継続が大事です。

言語能力には3つの段階があり、そのどれを目指すのかによってバイリンガル教育の方法が違ってきます。

言語の技能は3段階

以前は言語の能力を、BICS(Basic Interpersonal Communicative Skills)=基礎的な会話能力とCALP(Cognitive Academic Language Proficiency)=認知・強化学習言語能力すなわち学習に必要な言語能力、の2つに分けていましたが、今では以下の3段階を使っています。

1.CF(Conversational Fluency)=会話の流暢度のことで従来のBICSのこと。その言葉が話されている国に住めば2年で獲得できます。 

2.  DLS(Discrete Language Skills) ー弁別的言語能力と呼びます。文字認識、音韻意識(単語が音で成り立っているという認識)、フォニックス(音と文字との関係についての認識)、アルファベットや漢字の筆順、基本文型、単文を形成する力など。= 学習に必要な初歩的な言語規則の理解のこと。従来のCALPの初歩段階で、これも現地にいれば2年で習得できます。

3.ALP(Academic Language Proficiency)=教科学習言語能力で従来のCALP。学年とともに複雑さや抽象度が増す学習言語能力のこと。受け身の「聞く」「読む」だけでなく、より高度な「話す」「書く」などの産出力のこと。使用頻度の低い語彙や複雑な構文の読解力、会話力、作文力、発表力、応用力を指します。言語形成期後半の9歳以降に飛躍的に伸びる力です。ALPが身に着き周りに学習が追いつくには、現地で学校に行き始めて5年~7年、幼くして海外に出たため母語が発達していないと10年かかります。

カエデ
教科学習言語能力を着けるのに一番時間がかかります。

目指すのはALP?

上記の3段階で、バイリンガル教育を始める親ごさんは将来的にはやはり3番のALP、日常会話だけでなく、第2言語を使って勉強したり、仕事にも使える言語能力を子どもに身に着けて欲しいと思うのではないでしょうか?

しかし、ALPは家庭だけでは伸びません。家庭言語だけでは使われる単語や表現に限界があるため、やはり、その言語で学習できる学校に通ったり、現地の学校に留学することがいずれ必要となってきます。

 

カエデ
ALPを伸ばす秘訣として、「多読と作文」が最も効果的です。

継続できてこそ

ALP(教科学習言語能力)を身に着けるには、途中で学習が中断せず継続することが大事です。

海外での日本語教育の場合、幼児から始めて日本語がやっと一人前に使えるようになるのは20代前半です。ちょっと気が遠くなりますよね。

そうなると、息長く言語学習を続けさせることのできる環境作りが大事になってきます。将来を見据えた息切れしない長期プランを立てることをお勧めします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

参考:


クリックお願いします!